もらった胡蝶蘭の育て方「初心者が失敗しないお手入れ方法」

白い胡蝶蘭の画像 胡蝶蘭の育て方
白い胡蝶蘭の画像①
\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

胡蝶蘭は美しい花を咲かせる魅力的な植物ですが、育て方にはコツがあります。初心者の方は、もらった胡蝶蘭のお手入れ方法や、二度咲きさせるための方法を知りたいと思うでしょう。

この記事では、もらった胡蝶蘭の育て方をYouTube動画で2本紹介し、開花中と花が落ちた後の育て方を詳しく解説します。また、育て方と一緒に初心者が知っておきたい胡蝶蘭の基本情報もお伝えします。もらった胡蝶蘭の育て方をマスターして、長く楽しめる植物にしましょう。

胡蝶蘭の育て方をYouTube動画で2本紹介

初心者の方は、もらった胡蝶蘭の育て方を動画で見ると、イメージがつかみやすくなります。ここでは、胡蝶蘭の育て方をわかりやすく解説しているYouTube動画を2本紹介します。どちらも約10分程度の動画なので、初心者であれば是非チェックしてみてください。

紹介動画①胡蝶蘭の育て方!初心者でもわかりやすくゼロから解説

植物系男子研究室さんのとても分かりやすいもらった胡蝶蘭の育て方動画です。初心者の方でも理解しやすいように要点をしっかり教えてくれます。病気のサインやトラブル回避のやり方も解説してくれているので、とてもおすすめです。

紹介動画②プロが教える冬の胡蝶蘭の育て方

クマサキ洋蘭農園の熊崎さんが解説するYouTube動画です。寒さに弱い胡蝶蘭を、ビニールハウスのない自宅でも二度咲きさせるお手入れ方法を優しく教えてくれます。通販ショップの運営も行っており、口コミでの評判がすごいくいい専門店で受賞歴も多く、高品質な胡蝶蘭を育てる生産者さんの技術を知るいい機会になる動画です。

ショップの詳細は以下から

クマサキ洋蘭農園の口コミ評判記事

もらった胡蝶蘭の開花中のお手入れ方法

紫の胡蝶蘭の画像

紫の胡蝶蘭の画像

胡蝶蘭は、開花中には特別なお手入れは必要ありませんが、いくつかの注意点があります。ここでは、開花中の胡蝶蘭のお手入れ方法を5つのポイントにまとめてお伝えします。

ラッピングを外す

もらった胡蝶蘭は、花屋や贈り物として頂いた場合、ラッピングされていることが多いです。しかし、ラッピングは胡蝶蘭にとっては不要なもので、むしろ呼吸や水分の調節を妨げることになります。

そのため、ラッピングは早めに外してあげることが大切です。ラッピングを外すときは、花や葉に傷をつけないように注意してください。

水やりの頻度は季節によって変える

もらった胡蝶蘭の水やりは、季節によって頻度を変えることが必要です。胡蝶蘭は、根が白くなっているときは乾燥しているサインで、水やりが必要です。

根が緑色になっているときは、水分が十分にあるサインで、水やりは控えるべきです。一般的には、夏は週に2回、冬は週に1回程度の水やりが適切です。水やりのときは、鉢の底から水が出るまでたっぷりと与えてください。水は常温の軟水がベストです。

肥料は基本的に必要ない

もらった胡蝶蘭は、肥料を与えなくても十分に花を咲かせることができる植物です。肥料を与えると、むしろ根や葉が肥大化して、花の数や質が低下することがあります。

そのため、肥料は基本的に必要ありません。もし肥料を与える場合は、開花期には与えないことが大切です。開花期以外に与える場合は、液体肥料を水で100倍に薄めて、月に1回程度、水やりのときに与えてください。

適切な温度や湿度を保つ

胡蝶蘭は、温度や湿度に敏感な植物です。適切な温度は、昼間は15℃~25℃、夜間は10℃~15℃です。温度差がある方が花が咲きやすくなります。

湿度は50%~70%が理想です。乾燥しすぎると花がしおれたり、葉が黄色くなったりすることがあります。湿度を保つためには、鉢の下に水を入れた受け皿を置いたり、霧吹きで葉に水を吹きかけたりすることが効果的です。

置き場所はどんなところが良いか

白い胡蝶蘭の画像

白い胡蝶蘭の画像①

もらった胡蝶蘭は、直射日光を避けて、明るい場所に置くことが好ましいです。直射日光に当たると、葉が日焼けしたり、花が萎れたりすることがあります。窓際やレースカーテンの裏などが適切な置き場所です。

風通しの良い場所に置く

もらった胡蝶蘭は、風通しの良い場所に置くことで、根や葉の呼吸を促進し、病気や害虫の予防にもなります。ただし、強い風に当たると、花が散ったり、葉が傷ついたりすることがあります。

そのため、エアコンや扇風機の直風は避けるようにしましょう。また、冬は寒さに弱いので、暖房器具のある部屋に置くなどして気温を適切にしてあげましょう。

初心者が特に知りたい、もらった胡蝶蘭の花が落ちた後の育て方

花が終わった胡蝶蘭の写真

花が終わった胡蝶蘭の写真

もらった胡蝶蘭は、花が落ちた後も適切なお手入れをすることで、初心者でも再び花を咲かせることができます。ここでは、もらった胡蝶蘭の花が落ちた後の育て方を5つのポイントにまとめてお伝えします。

胡蝶蘭の花が落ちた後はどこを切る

もらった胡蝶蘭の花が落ちた後は、花茎を切ることが必要です。花茎を切ることで、根や葉に栄養を送ることができます。花茎を切るときは、花茎の先端から数えて3番目の節の上で切ります。

節とは、花茎にある膨らみのことです。切るときは、消毒したはさみやカッターを使って、切り口を清潔にします。切り口には、軟膏やワセリンなどを塗って、傷口を保護します。

寄せ植えされたポットから通気性の良い鉢に植え替える

もらった胡蝶蘭は、寄せ植えされたポットのまま育て続けるのではなく、通気性の良い鉢に植え替えることが望ましいです。寄せ植えされたポットは、水はけが悪く根が腐りやすいからです。

通気性の良い鉢は、素焼きの鉢やプラスチックの鉢などがあります。植え替えるときは、根を傷つけないように注意してください。古い用土や枯れた根は取り除きます。植え替えた後は、水やりは控えて、根が鉢に馴染むまで待ちます。

もらった胡蝶蘭の植え替えの用土に土は使わない

もらった胡蝶蘭の植え替えの用土には、土は使いません。土は、胡蝶蘭にとっては適さない環境で、水分や栄養のバランスを崩すことになります。

もらった胡蝶蘭の植え替えの用土には、パインバークやココナッツファイバーなどの通気性の良い素材を使います。これらの素材は、胡蝶蘭の原産地である東南アジアの熱帯雨林の環境に近いものです。用土は、鉢の半分程度に入れて、根を広げて植えます。

肥料は基本的に必要ないが与える場合の与え方

もらった胡蝶蘭に、肥料は基本的に必要ありませんが、与える場合は、開花期以外に、液体肥料を水で100倍に薄めて、月に1回程度、水やりのときに与えます。

肥料は、胡蝶蘭専用のものや、蘭用のものを選びます。肥料を与えるときは、根や葉にかからないように注意してください。肥料がかかると、根や葉が傷んだり、病気や害虫の原因になったりすることがあります。

水やりの頻度

もらった胡蝶蘭の水やりの頻度は、季節によって変えることが必要です。一般的には、夏は週に2回、冬は週に1回程度の水やりが適切です。水やりのときは、鉢の底から水が出るまでたっぷりと与えてください。水は常温の軟水がベストです。

水やりの目安は、根の色で判断します。根が白くなっているときは乾燥しているサインで、水やりが必要です。根が緑色になっているときは、水分が十分にあるサインで、水やりは控えるべきです。

育て方と一緒に初心者が知っておきたい胡蝶蘭の基本情報

5万円以上の胡蝶蘭の写真

5万円以上の胡蝶蘭の写真

もらった胡蝶蘭の育て方を知るだけでなく、胡蝶蘭の基本情報も知っておくと、より楽しめる植物になります。ここでは、胡蝶蘭の原産地や寿命、花言葉や学名など、初心者が知っておきたい胡蝶蘭の基本情報をお伝えします。

胡蝶蘭の生まれ故郷である原産地は東南アジア

胡蝶蘭は、東南アジアの熱帯雨林が原産地です。胡蝶蘭は、木の上に着生して生育する植物で、根で空気中の水分や栄養を吸収します。

そのため、胡蝶蘭は、高温多湿で明るい場所を好みます。日本では、温室で栽培されることが多いですが、もらった胡蝶蘭は室内でも適切な環境を整えれば、育てることができます。

胡蝶蘭の寿命は10年以上なので何度も花を咲かせる

\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

胡蝶蘭は寿命が長い植物です。一般的には10年以上は生きると言われています。適切なお手入れをすれば、もらった胡蝶蘭は何度も花を咲かせることができます。胡蝶蘭は一度に1ヵ月~2ヶ月間も花を咲かせることができるので、初心者でも長く楽しめる植物です。

胡蝶蘭の花言葉@日本と海外

胡蝶蘭は、花言葉が豊富な植物です。日本では、胡蝶蘭の花言葉は、「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」「あなたを愛します」「尊敬」などがあります。

海外では、胡蝶蘭の花言葉は、「愛情の証」「永遠の絆」「純真な魅力」「繊細な美しさ」などがあります。胡蝶蘭は、贈り物としても人気が高く、誕生日や記念日、母の日や敬老の日などに喜ばれます。

胡蝶蘭の学名と名前の由来

胡蝶蘭の学名は、Phalaenopsisというラテン語の名前です。Phalaenopsisは、ギリシャ語のphalaina(蛾)とopsis(似ている)という言葉から来ており、「蛾に似た花」という意味です。

胡蝶蘭の花は、蛾が羽を広げたような形をしていることから、この名前が付けられました。日本では、胡蝶蘭という名前は、明治にイギリスから渡ってきたときに、胡蝶(チョウ)のようにうつくっしい蘭という意味で名付けられたと言われています。

まとめ

胡蝶蘭は、美しい花を咲かせる魅力的な植物ですが、育て方にはコツがあります。この記事では、もらった胡蝶蘭の育て方をYouTube動画で2本紹介し、開花中と花が落ちた後の育て方を詳しく解説。

また、育て方と一緒に初心者が知っておきたい胡蝶蘭の基本情報もお伝えしました。もらった胡蝶蘭の育て方をマスターして、長く楽しめる植物にしましょう。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました