胡蝶蘭の日持ちについて徹底解説!長く咲かせるコツも覚えよう

飾った胡蝶蘭 胡蝶蘭の寿命
\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

\今週のイチオシ胡蝶蘭/

プレミアガーデン公式サイト

胡蝶蘭は、華やかで美しい花を咲かせる鉢植えとして人気があります。しかし、胡蝶蘭の花はどれくらい日持ちするのでしょうか?

また、胡蝶蘭の株は本当に50年も生きるという噂は本当なのでしょうか?この記事では、胡蝶蘭の花の日持ちと寿命について、そして胡蝶蘭の花を長く咲かせるお手入れ方法とコツについてご紹介します。

胡蝶蘭の花の日持ちと寿命

胡蝶蘭

胡蝶蘭

まず、胡蝶蘭の花がどれくらい日持ちするのか、また、胡蝶蘭の寿命はどのくらいなのかについて、それぞれ詳しく解説します。

胡蝶蘭の花はどれくらい日持ちする?

胡蝶蘭の花は、一般的には1ヶ月から3ヶ月ほど日持ちします。ただし、これはあくまで目安であり、品種や環境、お手入れの状況によって変わります。

花の日持ちは、花が咲き始めた時期や花の数、花の大きさなどにも影響されます。花が咲き始めた時期が早いほど、花の日持ちは短くなります。花の数が多いほど、花の日持ちは長くなります。花の大きさが小さいほど、花の日持ちは長くなります。

胡蝶蘭の株の寿命が50年って本当?

胡蝶蘭の株の寿命は、実は50年以上もあると言われています。これは、胡蝶蘭が着生植物として自然界で生きていることを考えれば納得できるかもしれません。着生植物とは、他の植物や岩などに付着して生育する植物のことで、胡蝶蘭は木の枝や幹に根を張って生きています。

そのため、胡蝶蘭は栄養分や水分を自分で取り込む能力が高く、強い生命力を持っています。もちろん、鉢植えになった胡蝶蘭は自然界とは異なる環境に置かれるため、適切なお手入れが必要ですが、それでも長く生きる可能性があります。実際に、日本では100年以上も生きた胡蝶蘭の株があるという話もあります。

胡蝶蘭の花を長く咲かせるお手入れ方法とは

開店祝いに贈られた胡蝶蘭

開店祝いに贈られた胡蝶蘭

胡蝶蘭の花を長く咲かせるためには、以下の3つのポイントを押さえておく必要があります。

・水やりのポイントを知る
・適温を保つことを覚える
・適切な置き場所に置く

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

・水やりのポイントを知る

胡蝶蘭の水やりは、乾燥を感じたら行うのが基本です。胡蝶蘭は水分を蓄える能力が高いので、水やりの回数は少なくても大丈夫です。逆に、水やりの回数が多すぎると、根が腐ってしまう恐れがあります。水やりの目安は、1週間に1回程度ですが、季節や気温、湿度などによって変わります。

水やりの方法は、鉢の底から水を吸わせるのがおすすめです。鉢の上から水をかけると、根や茎に水が溜まって腐りやすくなります。鉢の底から水を吸わせる場合は、10分から15分ほど水に浸けておきます。その後、余分な水を切ってから元の場所に戻します。

・ 適温を保つことを覚える

胡蝶蘭の適温は、15℃から25℃の範囲です。この温度帯を保つことで、胡蝶蘭は快適に生育できます。温度が低すぎると、花が咲かないか、早く散ってしまう可能性があります。温度が高すぎると、胡蝶蘭がストレスを感じてしまい、花が咲かないか、色が悪くなる可能性があります。

温度管理の方法は、直射日光を避けることと、風通しを良くすることです。直射日光は、胡蝶蘭にとっては強すぎる光であり、葉や花にやけどを起こす原因になります。風通しを良くすることで、胡蝶蘭に適度な湿度と空気の流れを与えることができます。湿度が低すぎると、胡蝶蘭は乾燥してしまいます。湿度が高すぎると、胡蝶蘭はカビや病気にかかりやすくなります。

・適切な置き場所に置く

胡蝶蘭の置き場所は、明るくて風通しの良い場所が最適です。窓辺やベランダなどがおすすめです。ただし、直射日光や強風に当たらないように注意してください。また、胡蝶蘭は他の植物と一緒に置くこともおすすめです。

他の植物と一緒に置くことで、胡蝶蘭は自然界に近い環境を感じることができます。また、他の植物との相乗効果で、湿度や温度の調整がしやすくなります。さらに、胡蝶蘭は色や香りで他の植物とコミュニケーションをとることができます。これは、胡蝶蘭が自然界で他の植物と共生していることの証拠です。

他の植物とのコミュニケーションは、胡蝶蘭の花の色や香りの変化に現れます。例えば、胡蝶蘭の花の色が白からピンクに変わることは、他の植物に対し仲良くしようというメッセージ。胡蝶蘭の花の香りが強くなることは、他の植物に対して協力しようというメッセージです。

胡蝶蘭の花を長く日持ちさせるお手入れのコツ

室内で育てている胡蝶蘭の写真

室内で育てている胡蝶蘭の写真

胡蝶蘭の花を長く日持ちさせるためには、上記のお手入れ方法に加えて、以下のコツを覚えておくと良いでしょう。

花びらに水滴が付かないようにする

花びらに水滴が付くと、花が傷んだり、カビが生えたりする原因になります。水やりの際は、花びらに水がかからないように注意してください。また、水やりの後や朝晩など、水滴が付きやすい時は、ティッシュやタオルなどで優しく拭き取ってください。

花茎を切らない

花が散った後、花茎を切らないでください。花茎には、まだ花が咲く可能性がある花芽が残っている場合があります。花茎を切ると、その花芽が枯れてしまいます。花茎を切るのは、花茎が完全に枯れて茶色になった時だけにしてください。

花粉を取り除く

花が咲いたら、花粉を取り除くという方法もあります。花粉を取り除くと、花が長持ちするという研究結果があります。花粉を取り除く方法は、ピンセットや爪楊枝などで花粉をそっと引き抜くことです。

ただし、この方法は、花の美しさや香りに影響を与える可能性があります。また、花粉を取り除くと、胡蝶蘭の種子ができなくなります。そのため、この方法は、花の日持ちを優先する場合にのみおすすめします。

胡蝶蘭を二度咲きを成功させるコツ

花が終わった胡蝶蘭の写真

花が終わった胡蝶蘭の写真

胡蝶蘭の花を長く咲かせるだけでなく、二度咲きを成功させることもできます。二度咲きとは、花が散った後、同じ花茎から再び花が咲くことです。二度咲きを成功させるためには、以下のコツを覚えておくと良いでしょう。

花が終わったら植え替えをする

\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

花が散ったら、胡蝶蘭の株を新しい鉢に植え替えることがおすすめです。植え替えることで、胡蝶蘭に新鮮な土や栄養分を与えることができます。また、根や茎の状態をチェックして、傷んだ部分を切り取ることもできます。

植え替えの方法は、根を水で洗ってから、軽く絞ってから、新しい鉢に入れることです。鉢の底には、軽石や鹿沼土などの排水性の良い素材を敷いてください。土は、バークやココナッツファイバーなどの通気性の良い素材を使ってください。鉢は、透明なプラスチック鉢がおすすめです。透明な鉢なら、根の状態を確認しやすいからです。

適切なお手入れ方法のポイントを守る

植え替えた後は、適切なお手入れ方法のポイントを守ってください。水やりや温度管理、置き場所などは、上記の通りです。ただし、季節や環境によって、少し変わる場合があります。例えば、冬場は水やりの回数を減らすことや、夏場は日陰に移動することなどです。

また、二度咲きを促すためには、日照時間を調整することも効果的です。日照時間とは、胡蝶蘭に光が当たる時間のことです。日照時間を10時間から12時間にすることで、胡蝶蘭に花芽を作る刺激を与えることができます。日照時間を調整する方法は、カーテンやブラインドなどで光を遮ることや、タイマー付きのライトなどで光を補うことです。

最後に

この記事では、胡蝶蘭の花の日持ちと寿命について、そして胡蝶蘭の花を長く咲かせるお手入れ方法とコツについてご紹介しました。胡蝶蘭は、適切なお手入れをすれば、長く美しい花を楽しむことができます。

また、二度咲きを成功させれば、さらに胡蝶蘭の魅力を堪能することができます。胡蝶蘭のお手入れは、難しくないので、ぜひ挑戦してみてください。胡蝶蘭の花は、あなたの生活に華やかさと癒しをもたらしてくれるでしょう。

あわせて読みたい、おすすめ胡蝶蘭ショップの記事

\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

\今週のイチオシ胡蝶蘭/

プレミアガーデン公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました