胡蝶蘭の原産地を詳しく知る:花のルーツや野生との違いまで

胡蝶蘭の原産地イメージ画像 胡蝶蘭の種類
胡蝶蘭の原産地イメージ画像
\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

パチンコ店やスーパーなど、新しくお店がオープンするときに飾られている胡蝶蘭。温室育ちの優美で華やかな花である胡蝶蘭のルーツは、実は野生です。

この記事では、胡蝶蘭の生まれ故郷である原産地についての詳細や、野生の胡蝶蘭と温室で育てられた胡蝶蘭の違いについて説明します。

胡蝶蘭の原産地は東南アジア

胡蝶蘭(学名: Phalaenopsis:読み方ファレノプシス)の原産地は主に東南アジア地域です。 以下に、胡蝶蘭の原産地と野生の胡蝶蘭について詳しく説明します。

【胡蝶蘭】原産地の国名

ルーツともいえる原産地ですが、東アジアの熱帯・亜熱帯地域に自生しています。これらの地域で胡蝶蘭は、樹上や岩の上などの高所に自生しており、高温多湿の環境で育ちます。

外務省にのホームページによると原産地である東南アジアの国々は以下のとおりです。

インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、中国、東ティモール、フィリピン、ベトナム マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオス

野生で育つ胡蝶蘭の特徴

自生した野生の胡蝶蘭の写真

自生した野生の胡蝶蘭の写真

野生の胡蝶蘭は、原産地の気候と高温多湿な環境が好きです。自然界では木の枝や岩の割れ目などに着生し、その根で栄養を吸収して育ちます。茶色や緑色などの地味な花を持ち、花弁は細く長く咲くのが特徴です。

また、原産地で育つ野生の胡蝶蘭は風や昆虫によって受粉が行われます。その後、果実が形成され中には一部の小さな種子が含まれで発芽して新しい胡蝶蘭が生まれるのです。

原産地で生きる野生の胡蝶蘭は、観賞用の栽培品種とは異なり地味な色合いや形を持つことが多いので日本で手に入る胡蝶蘭とは少し印象がちがいます。

野生の胡蝶蘭と日本で売られている胡蝶蘭の違い

豪華な胡蝶蘭の写真

豪華な胡蝶蘭の写真

野生の胡蝶蘭と日本で栽培されている胡蝶蘭の違いは、以下のような点があります:

外見の違い

原産地で育つ野生の胡蝶蘭は、自然のなかで交配し環境に適応するため進化した形態を持つ。一方、日本で栽培されている胡蝶蘭は人工的に育種された品種であり、花の形や色、葉の特徴などが多様化しています。栽培品種は花びらの数や形状、色合いなども、より多様で華やかです。

成長環境の違い

\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

野生の胡蝶蘭は、原産地の高温多湿な熱帯地域の森林で生育します。一方、日本で栽培されている胡蝶蘭は、温室や屋内で栽培されることが一般的です。温度、湿度、光量、風の影響などが人工的に制御されます。

花の開花時期

野生で生きる原産地の胡蝶蘭は特定の季節に花を咲かせることが多く開花時期が限られます。日本で栽培されている胡蝶蘭は技術の進歩により通年で花を楽しむことが可能。これは、温室などの環境制御により、花の生育環境を調整することができるためです。

品種の多様性

日本では、胡蝶蘭の品種改良が盛んに行われてきました。 そのため、栽培品種の中には多様な形態や花色を持つ品種が存在。 また、栽培品種はより多くのバリエーションがあります。

これらの違いにより、野生の胡蝶蘭と栽培品種は外見や生育環境などで異なる特徴を持ちます。

まとめ

胡蝶蘭は東南アジアが原産地のため、寒さに弱く高温多湿を好むわけです。一般に育てるには野生の胡蝶蘭ほど強くないのである程度に知識と環境が必要になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました