胡蝶蘭の別名(学名や英語名)|名前の由来や花言葉まで

5万円以上の胡蝶蘭の写真 胡蝶蘭のトピック
5万円以上の胡蝶蘭の写真

胡蝶蘭は、日本ではお祝いの花として人気の高い植物です。その美しさと華やかさは、まるで胡蝶が舞っているように見えます。

しかし、胡蝶蘭は日本だけでなく、世界中で愛されている花でもあります。胡蝶蘭の別名(学名や英語の名前)には、その魅力がたくさん詰まっています。この記事では、胡蝶蘭の学名の由来や意味、歴史や育て方など、胡蝶蘭の魅力をたっぷりとご紹介します。

胡蝶蘭の別名

華やかな胡蝶蘭の写真

華やかな胡蝶蘭の写真

まず、胡蝶蘭の別名について説明します。

ラン科の植物の学名と由来

胡蝶蘭という名称は、ファレノプシス・アマビリスという原種に付けられた和名。また、胡蝶蘭はラン科の植物の一種です。ラン科は、地球上で最も多様性のある植物の科の一つで、約3万種もの種類があります。

ラン科の植物は、その形や色、香りなどが非常に多彩で、人間の感性に訴えるものが多いです。そのため、ラン科の植物は、古くから人々に親しまれ、愛されてきました。

ラン科には胡蝶蘭も含まれますが、ラン科の植物の学名は、Orchidaceae(オーキッデーシア)。ギリシャ語の「orchis(オルキス)」に由来します。オルキスとは、男性器を意味する言葉で、ラン科の植物の根が男性器に似ていることから名付けられました。また、オルキスは、ギリシャ神話に登場する半神半人のオルキスの名前でもあります。

オルキスは、女神の娘に恋をしたが、その恋が実らなかったことで、自分の男性器を切り落としてしまいました。その血から、ラン科の植物が生まれたという伝説があります。このように、ラン科の植物の学名には、恋や情熱、生命力などの意味が込められています。

植物学で見る胡蝶蘭の分類的な別名

胡蝶蘭は、ラン科の中でも、ファレノプシス属に属する植物です。ファレノプシスとは、ギリシャ語で「蛾に似たもの」という意味です。胡蝶蘭の花びらが、蛾の羽に似ていることから名付けられました。

ファレノプシス属には、約70種の種類がありますが、その中でも、日本で最もよく見かけるのは、ファレノプシス・アマビリスという種類です。この種類は、原産地である東南アジアの熱帯雨林に自生しており、高温多湿な環境を好みます。そのため、日本では、温室で栽培されることが多いです。

ファレノプシス・アマビリスは、胡蝶蘭の中でも、最も美しいと言われる種類です。その花は、白やピンク、紫などの色があり、花びらは大きくて丸く、中央には黄色や赤色の模様があります。花の形は、まるで胡蝶が舞っているように見えます。

そのため、胡蝶蘭という名前が付けられました。胡蝶蘭という名前は、日本で最初にこの花を栽培した、江戸時代の儒学者である林羅山が考案したものです。林羅山は、この花を中国から輸入したとき、その美しさに感動し、胡蝶が舞う様子を連想したと言われています。胡蝶蘭という名前は、日本人の情緒的な繊細さを表しています。

胡蝶蘭の市場は世界規模!台湾が300億円で80%を占める

温室で育てる胡蝶蘭の写真

温室で育てる胡蝶蘭の写真

胡蝶蘭は、日本ではお祝いの花として人気がありますが、世界的にも需要が高い花です。特に、台湾は胡蝶蘭の生産量が世界一で、約8割のシェアを占めています。台湾では、胡蝶蘭は国花として親しまれており、国際的な花の展示会やコンテストも開催されています。

台湾の胡蝶蘭は、品質が高く、色や形のバリエーションも豊富です。そのため、世界中の花好きから注目されています。台湾の胡蝶蘭の産出額は、2019年には約300億円に達しました。そのうち、約7割が輸出されており、主な輸出先は、日本やアメリカ、中国などです。胡蝶蘭は、台湾の経済や文化にとって、重要な役割を果たしています。

日本が世界で初めて作った青い胡蝶蘭に注目!

青い胡蝶蘭

青い胡蝶蘭

胡蝶蘭は、自然界には青い花が存在しません。しかし、日本の大学が、世界で初めて青い胡蝶蘭を作り出しました。その大学とは、東京農工大学です。東京農工大学の研究チームは、2017年に、遺伝子組み換え技術を用いて、青い花を咲かせることに成功しました。

その方法は、青い花を持つ別の植物から、青色素を合成する遺伝子を取り出し、胡蝶蘭の細胞に導入するというものです。その結果、胡蝶蘭の花びらに青色素が生成され、青い花が咲きました。この青い胡蝶蘭は、世界で初めてのもので、花の色の多様性を広げる画期的な発明として、注目されました。

胡蝶蘭の歴史:日本への広まり方

胡蝶蘭は、日本には江戸時代に伝わりました。当時、日本は鎖国政策をとっていましたが、唯一の貿易相手であったオランダから、胡蝶蘭の種や苗が持ち込まれました。その中でも、特に有名なのは、江戸幕府の将軍であった徳川吉宗が、オランダ商館長から贈られた胡蝶蘭です。

徳川吉宗は、この花に感嘆し、自らの別荘である浜離宮に植えました。その後、浜離宮の胡蝶蘭は、将軍家や大名家に分け与えられ、日本の上流社会で流行しました。また、浜離宮の胡蝶蘭は、江戸の町人にも知られるようになり、多くの人々が見物に訪れました。その様子は、当時の浮世絵や文学にも描かれています。

胡蝶蘭は、江戸時代から明治時代にかけて、日本の花として定着しました。しかし、その後、第二次世界大戦の影響で、胡蝶蘭の栽培は衰退しました。戦時中、胡蝶蘭は華美な花として忌避され、温室も破壊されるなど、多くの胡蝶蘭が失われました。

戦後、胡蝶蘭の栽培は再び盛り返しましたが、その際には、台湾から輸入された胡蝶蘭が主流となりました。台湾の胡蝶蘭は、日本の胡蝶蘭よりも大きくて色鮮やかで、耐寒性も高いという特徴がありました。そのため、日本の胡蝶蘭は、台湾の胡蝶蘭に押されて、少数派となりました。現在、日本の胡蝶蘭は、古くから伝わる品種や、日本独自の品種を守る愛好家や研究者によって、大切に育てられています。

胡蝶蘭の花言葉とその意味について

胡蝶蘭の花言葉は、その花の形や色、由来などによって、さまざまなものがあります。代表的なものをいくつか紹介します。

白い胡蝶蘭:純潔、清らかさ、清純、高貴、神聖
ピンクの胡蝶蘭:幸福、恋愛、優雅、気品、女性らしさ
紫の胡蝶蘭:尊敬、崇高、高貴、気高さ、権威
赤い胡蝶蘭:情熱、愛情、魅力、勇気、熱意
黄色の胡蝶蘭:友情、忠誠、信頼、明るさ、楽しさ
緑の胡蝶蘭:健康、平和、安らぎ、自然、希望
青い胡蝶蘭:夢、奇跡、神秘、不思議、希少

胡蝶蘭の花言葉は、お祝いの花として贈るときに、相手の気持ちや関係性に合わせて選ぶと良いでしょう。例えば、結婚式や出産祝いには、白やピンクの胡蝶蘭がおすすめです。

開店祝いや昇進祝いには、紫や赤の胡蝶蘭がふさわしいです。友人や家族へのプレゼントには、黄色や緑の胡蝶蘭が喜ばれるでしょう。また、青い胡蝶蘭は、世界で初めて作られた珍しい花なので、特別な感謝や祝福を伝えたいときに贈ると、印象的です。

お祝いに贈る胡蝶蘭の魅力と育て方

胡蝶蘭は、お祝いの花として贈るときに、その美しさや華やかさだけでなく、その花持ちの良さも魅力的です。胡蝶蘭は、一度咲くと、2ヶ月から3ヶ月ほど花が持続します。

また、適切な管理をすれば、何度も再開花させることができます。そのため、胡蝶蘭は、長く楽しむことができる花として、人気があります。胡蝶蘭を育てるときには、以下のポイントに注意しましょう。

・光
:胡蝶蘭は、明るい場所を好みますが、直射日光は避けましょう。窓辺などの散光が当たる場所が適しています。また、季節や気温によって、光の量や方向を調整しましょう。
・水やり
:胡蝶蘭は、乾燥に強い植物ですが、水やりは必要です。土の表面が乾いたら、鉢の底から水が出るまでたっぷりと与えましょう。その後、余分な水は捨てましょう。水やりは、朝や夕方などの涼しい時間帯に行いましょう。また、水やりの間隔は、季節や気温によって変えましょう。冬は1週間に1回、夏は2日に1回程度が目安です。
・肥料
:胡蝶蘭は、肥料を与えると、花の色や形が良くなります。肥料は、水やりのときに、水に溶かして与えましょう。肥料の種類は、胡蝶蘭専用のものや、液体のものがおすすめです。肥料の量や回数は、製品の説明に従いましょう。また、肥料は、花が咲いているときや、新芽が出ているときに与えましょう。花が終わった後や、休眠期には、肥料は控えましょう。

以上が、胡蝶蘭の魅力と育て方についての記事です。胡蝶蘭は、日本人の心に深く根付いた花です。その美しさや意味を知れば、より一層愛着が湧くでしょう。胡蝶蘭を贈るときや、自分で育てるときに、この記事が役に立てば嬉しいです。胡蝶蘭を通して、幸せな気持ちになりましょう。🌸

あわせて読みたい人気記事ランキング

最後に、当サイトで人気の記事をご紹介します。是非あわせてご覧になってみてください。

今週のイチ押しショップ
ビジネス贈答花№1

予算内で、見栄えの良いお花で、 立札・ラッピング、色など、マナーを守った恥ずかしくないお花を贈りたい方は必見。移転祝い、開店祝い、開業祝い、就任祝い、開院祝い、設立祝い、新社屋落成祝い、昇進祝い、周年祝いなどのフラワーギフトで信頼できる
⇒【法人向けフラワーギフト通販の花秘書

胡蝶蘭のおすすめ店ランキング
価格も生花店の半額が相場!
無料のラッピング・立札・写真送信
胡蝶蘭通販のおすすめランキングを見る

大手通販サイトで最安値を確認
胡蝶蘭の種類や価格帯が豊富
>>Amazon >>楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました