シロタエギクの茎が伸びすぎたらどうする?育て方のポイント

鉢で育てたシロタエギク 花や植物の育て方
\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

\今週のイチオシ胡蝶蘭/

プレミアガーデン公式サイト

シロタエギクはその美しいシルバーリーフで人気のある植物ですが、茎が伸びすぎてしまうと見栄えが悪くなります。そんな時、どう対処すればよいのでしょうか。

また、シロタエギクの適切な育て方についても解説します。

シロタエギクの茎が伸びすぎるケースの説明

鉢で育てたシロタエギク

シロタエギクの茎が伸びすぎる主な原因は、適切な日照が得られていないことや、栄養過多であることが考えられます。特に、日照不足は茎が伸びてしまう典型的な原因で、植物は光を求めて伸びてしまいます。

シロタエギクが伸びすぎた場合の対処法

シロタエギクが伸びすぎた場合、まずは日照環境を見直しましょう。また、栄養過多であれば肥料の量を調整することも必要です。

切り戻し・剪定のやり方

伸びすぎた茎は、適切な位置で切り戻すことで見栄えを良くすることができます。切り戻しは春に行い、枝先を剪定してバランスを整えます。

挿し木の仕方

切り戻した茎は捨てずに、挿し木として利用することができます。水や土に挿して根を出させ、新たな植物として育てることができます。

シロタエギクの育て方についての解説動画をご覧ください

シロタエギクの育て方について詳しく知りたい方は、以下の解説動画をご覧ください。

はじめてのシロタエギク基本の育て方5つのポイント

この動画では、シロタエギクの基本的な育て方について5つのポイントを解説しています。

【目次】 00:00 オープニング 00:31 シロタエギク基本の育て方5つのポイント:基本情報 01:07 シロタエギク基本の育て方5つのポイント①植え付け 01:45 シロタエギク基本の育て方5つのポイント②栽培環境 02:21 シロタエギク基本の育て方5つのポイント③水やり 02:55 シロタエギク基本の育て方5つのポイント④肥料 03:31 シロタエギク基本の育て方5つのポイント⑤剪定・切り戻し 04:03 まとめ

シロタエギク【ダスティーミラー】の増やし方🌱寄せ植え用シルバーリーフの挿し木

この動画では、シロタエギクの挿し木の方法について詳しく解説しています。

23,730 回視聴 2021/12/22 #挿し木

初心者でも簡単に出来るシロタエギクを挿し木して増やす方法の動画です。

シロタエギクの育て方のポイント

シロタエギクの蕾

シロタエギクを上手に育てるためのポイントを以下にまとめました。

土の選定

シロタエギクは水はけの良い土を好みます。市販の培養土や腐葉土を利用すると良いでしょう。

種から育てる場合の種蒔き方法

種から育てる場合、春に蒔くのが一般的です。土の表面に種をまき、軽く土で覆います。

苗から育てる場合の植え付け方法

苗から育てる場合、根鉢が土に埋まる程度の深さに穴を掘り、苗を植えます。

置き場所について

日当たりの良い場所を選びましょう。また、冬季は霜よけをするなどの対策が必要です。

水やりのコツ

育て方のなかでも大事になってくるのが適切な水やりです。次はシロタギクの水やり方法のコツを説明していきます。

夏場の水やり

夏場は乾燥を防ぐため、毎日の水やりが必要です。

冬場の水やり

冬場は乾燥を避けつつ、根腐れを防ぐために控えめにします。

春・秋の水やり

春と秋は土の乾燥具合を見て、適宜水やりを行います。

肥料のやり方について

肥料は生育期にあたる春から秋にかけて、月に1回程度与えます。

植え替え時期と方法

\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

植え替えは2〜3年に1回、春に行います。新しい鉢に移植する際は、根を傷つけないように注意します。

増やし方

シロタエギクは挿し木で簡単に増やすことができます。切り戻した枝を水や土に挿して根を出させます。

この記事のまとめ

シロタエギクの花

シロタエギクはその美しいシルバーリーフで人気のある植物ですが、茎が伸びすぎてしまうと見栄えが悪くなります。そんな時、適切な日照環境の見直しや肥料の調整、そして適切な切り戻しが有効です。

また、切り戻した枝は挿し木として利用することができます。シロタエギクの育て方については、適切な土選び、水やり、肥料のやり方など、基本的なケアが大切です。

こちらもチェック!関連おすすめ記事

 

\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

\今週のイチオシ胡蝶蘭/

プレミアガーデン公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました