開店祝いに贈る胡蝶蘭の立札・メッセージの書き方【参考事例一覧】

ラッピングされた胡蝶蘭の写真 お祝いの胡蝶蘭
ラッピングされた胡蝶蘭の写真

開店祝いに胡蝶蘭を贈るとき、立札にどんなメッセージを書けばいいのでしょうか?また、立札の書き方やマナーにはどのようなポイントがあるのでしょうか?

この記事では、開店祝いに贈る胡蝶蘭の立札・メッセージの書き方やマナーについて解説します。

【開店祝いの胡蝶蘭】立札メッセージ・書き方やマナー

胡蝶欄園..comの立札の見本

胡蝶欄園..comの立札の見本

出典:幸福の胡蝶蘭屋さん

まず、立札のメッセージや書き方のマナーについて、以下より詳しく説明していきます。

立て札に書かなければならないこと

開店祝いに贈る胡蝶蘭の立て札には、以下の3つのことを必ず書く必要があります。

– 贈り主の名前
– 贈り先の名前
– お祝いのメッセージ

これらの情報は、胡蝶蘭を贈ったことを伝えるとともに、贈り主と贈り先の関係や敬意を示すために重要です。立て札に書く順番は、一般的には上から順に贈り主の名前、贈り先の名前、お祝いのメッセージとなります。

開店祝いの贈り先名の書き方

開店祝いの贈り先名の書き方には、以下の2つのパターンがあります。

– 店名のみ
– 店名+店主名

どちらのパターンを選ぶかは、贈り主と贈り先の関係や親しさによって異なります。一般的には、以下のような基準で判断すると良いでしょう。

・贈り主と贈り先が親しい場合や、店主が個人で営業している場合は、店名+店主名のパターンを選ぶ

・贈り主と贈り先があまり親しくない場合や、店主が法人や団体で営業している場合は、店名のみのパターンを選ぶ

例えば、以下のような場合は、店名+店主名のパターンが適切です。

– 贈り主が贈り先の友人や親族である場合
– 贈り主が贈り先の取引先や仕入先である場合
– 贈り先が個人経営の美容院や飲食店である場合

一方、以下のような場合は、店名のみのパターンが適切です。

– 贈り主が贈り先の顧客や見知らぬ人である場合
– 贈り主が贈り先の競合やライバルである場合
– 贈り先が法人経営の百貨店やスーパーである場合

店名の書き方には、以下の2つのパターンがあります。

– 漢字
– カタカナ

どちらのパターンを選ぶかは、店名の由来やイメージによって異なります。一般的には、以下のような基準で判断すると良いでしょう。

・店名が漢字で表記されている場合や、漢字の意味や由来が重要な場合は、漢字のパターンを選ぶ
・店名がカタカナで表記されている場合や、カタカナの音や響きが重要な場合は、カタカナのパターンを選ぶ

例えば、以下のような場合は、漢字のパターンが適切です。

– 店名が「花の香」や「山の幸」のように、漢字で表現されている場合
– 店名が「鳳凰堂」や「龍神亭」のように、漢字の意味や由来が強い場合

一方、以下のような場合は、カタカナのパターンが適切です。

– 店名が「ハナコ」や「ヤマノサチ」のように、カタカナで表現されている場合
– 店名が「フェニックス堂」や「リュウジン亭」のように、カタカナの音や響きが強い場合

店主名の書き方には、以下の2つのパターンがあります。

– 氏名
– 敬称

どちらのパターンを選ぶかは、贈り主と贈り先の関係や親しさによって異なります。一般的には、以下のような基準で判断すると良いでしょう。

– 贈り主と贈り先が親しい場合や、敬称が不要な場合は、氏名のパターンを選ぶ
– 贈り主と贈り先があまり親しくない場合や、敬称が必要な場合は、敬称のパターンを選ぶ

例えば、以下のような場合は、氏名のパターンが適切です。

– 贈り主が贈り先の友人や親族である場合
– 贈り主が贈り先の同僚や部下である場合
– 贈り先が若い世代やカジュアルな雰囲気の店主である場合

一方、以下のような場合は、敬称のパターンが適切です。

– 贈り主が贈り先の上司や先輩である場合
– 贈り主が贈り先の顧客や見知らぬ人である場合
– 贈り先が年配やフォーマルな雰囲気の店主である場合

氏名の書き方には、以下の2つのパターンがあります。

– 漢字
– ひらがな

どちらのパターンを選ぶかは、店主の名前の由来やイメージによって異なります。一般的には、以下のような基準で判断すると良いでしょう。

・店主の名前が漢字で表記されている場合や、漢字の意味や由来が重要な場合は、漢字のパターンを選ぶ
・店主の名前がひらがなで表記されている場合や、ひらがなの音や響きが重要な場合は、ひらがなのパターンを選ぶ

例えば、以下のような場合は、漢字のパターンが適切です。

– 店主の名前が「山田太郎」や「佐藤花子」のように、漢字で表現されている場合
– 店主の名前が「一樹」や「華」のように、漢字の意味や由来が強い場合

一方、以下のような場合は、ひらがなのパターンが適切です。

– 店主の名前が「たろう」や「はなこ」のように、ひらがなで表現されている場合
– 店主の名前が「いちき」や「はな」のように、ひらがなの音や響きが強い場合

敬称の書き方には、以下の2つのパターンがあります。

– さん
– 様

どちらのパターンを選ぶかは、贈り主と贈り先の関係や敬意によって異なります。一般的には、以下のような基準で判断すると良いでしょう。

– 贈り主と贈り先が同じ立場や年齢である場合や、敬称が必要ない場合は、さんのパターンを選ぶ
– 贈り主と贈り先が異なる立場や年齢である場合や、敬称が必要な場合は、様のパターンを選ぶ

例えば、以下のような場合は、さんのパターンが適切です。

– 贈り主が贈り先の同僚や友人である場合
– 贈り主が贈り先の部下や後輩である場合
– 贈り先が若い世代やカジュアルな雰囲気の店主である場合

一方、以下のような場合は、様のパターンが適切です。

– 贈り主が贈り先の上司や先輩である場合
– 贈り主が贈り先の顧客や見知らぬ人である場合
– 贈り先が年配やフォーマルな雰囲気の店主である場合

開店祝いのお祝いメッセージ文の例

開店祝いのお祝いメッセージには、以下の3つの要素を含めると良いでしょう。

– お祝いの気持ち
– 店の成功や繁盛を祈る言葉
– 贈り主と贈り先の関係や感謝を表す言葉

これらの要素を組み合わせて、自分の言葉でメッセージを作成することが大切です。ただし、メッセージは簡潔にまとめることがマナーです。

長すぎると読むのが大変になりますし、短すぎるとお祝いの気持ちが伝わりません。適切な長さは、一般的には10文字から20文字程度と言われています。

以下に、開店祝いのお祝いメッセージの文例をいくつか紹介します。参考にして、自分なりのメッセージを考えてみてください。

– おめでとうございます。店の繁盛を心からお祈りしています。いつもお世話になっております。
– 開店おめでとうございます。素敵な店になりましたね。これからもよろしくお願いします。
– 開店おめでとうございます。夢が叶って良かったです。応援しています。
– 開店おめでとうございます。素晴らしい店に感動しました。ご成功をお祈り申し上げます。
– 開店おめでとうございます。いつもお世話になっております。店の盛況をお祝い申し上げます。
– 開店おめでとうございます。お店がとても素敵です。これからも仲良くしてください。
– 開店おめでとうございます。お店がとても華やかです。ご繁栄をお祈りします。
– 開店おめでとうございます。お店がとても魅力的です。いつも感謝しています。
– 開店おめでとうございます。お店がとても明るいです。ご多幸をお祈りします。
– 開店おめでとうございます。お店がとても楽しいです。これからも応援しています。

立て札の役割

開店祝いに贈る胡蝶蘭の立て札には、以下の2つの役割があります。

– 贈り主の存在をアピールする
– 贈り先の喜びを増やす

贈り主の存在をアピールするというのは、自分が胡蝶蘭を贈ったことを贈り先や他の人に知ってもらうということです。これは、贈り主の名声や信頼を高める効果があります。

また、贈り先との関係を深める効果もあります。贈り主の名前を大きく書くことや、目立つ色やデザインの立て札を選ぶことで、この役割を果たすことができます。

贈り先の喜びを増やすというのは、贈り先が胡蝶蘭を受け取ったときに感じる喜びをより大きくするということです。これは、贈り先のモチベーションや自信を高める効果があります。また、贈り先の感謝や応援を得る効果もあります。贈り先の名前を丁寧に書くことや、心のこもったメッセージを添えることで、この役割を果たすことができます。

立て札の種類や大きさ

開店祝いに贈る胡蝶蘭の立て札には、以下の3つの種類があります。

– 紙製
– 木製
– 金属製

紙製の立て札は、最も一般的で安価な種類です。色や形やデザインのバリエーションが豊富で、自分の好みや店のイメージに合わせて選ぶことができます。しかし、紙製の立て札には、以下のようなデメリットもあります。

水や湿気に弱い
紫外線によって色があせる
破れやすい
質感が安っぽく見える

これらのデメリットを避けるためには、紙製の立て札には、以下のような工夫が必要です。

ラミネート加工や防水スプレーを施す
日陰や屋内に置く
厚紙や丈夫な紙を使う
高級感のある紙や印刷を選ぶ

紙製の立て札は、手軽に作成できる反面、メンテナンスや耐久性には注意が必要です。開店祝いに贈る胡蝶蘭の立て札としては、より高品質で長持ちする木札や木目調の立て札がおすすめです。木札や

木目調の立て札は、以下のようなメリットがあります。

– 水や湿気に強い
– 紫外線による色あせが少ない
– 丈夫で壊れにくい
– 質感が高級感や温かみを出す

これらのメリットを活かすためには、木札や木目調の立て札には、以下のような工夫が必要です。

– 木の種類や色を店のイメージに合わせて選ぶ
– 木の表面を磨いたり、オイルやワックスを塗ったりして保護する
– 木の切り口や模様を生かしたり、彫刻や焼印を入れたりしてデザインする
– 木の香りを楽しんだり、アロマや芳香剤を使ったりして香りを演出する

木札や木目調の立て札は、高品質で長持ちするだけでなく、見た目や触感や香りなど、五感を刺激する魅力があります。開店祝いに贈る胡蝶蘭の立て札としては、最適な選択と言えるでしょう。

胡蝶蘭は開店祝いにぴったり

3本立ち胡蝶蘭の画像

3本立ち胡蝶蘭の画像

胡蝶蘭を開店祝いに贈る理由は、以下のようなものがあります。

– 胡蝶蘭は「繁栄」「幸運」「長寿」などの縁起の良い花言葉を持っている
– 胡蝶蘭は「華やかさ」「高級感」「美しさ」などの印象を与える
– 胡蝶蘭は「丈夫さ」「長持ちさ」「手間のかからなさ」などの特徴を持っている

これらの理由から、胡蝶蘭は開店祝いにぴったりの花と言えます。開店祝いに胡蝶蘭を贈るときは、以下のようなポイントに注意しましょう。

– 胡蝶蘭の色は、店のイメージや業種に合わせて選ぶ
– 胡蝶蘭の数は、奇数や七や九などの縁起の良い数字にする
– 胡蝶蘭の鉢は、安定感のあるものやデザイン性の高いものにする
– 胡蝶蘭の置き場所は、目立つところや日当たりの良いところにする

胡蝶蘭を開店祝いに贈るときは、立て札やメッセージだけでなく、花自体にも気を配りましょう。胡蝶蘭は開店祝いに贈る花として、最高の選択と言えるでしょう。

最後に

この記事では、開店祝いに贈る胡蝶蘭の立て札・メッセージの書き方やマナーなどについて解説しました。胡蝶蘭は、開店祝いにぴったりの花です。

胡蝶蘭を贈るときは、この記事を参考にして、素敵な立て札やメッセージを添えてください。開店祝いに胡蝶蘭を贈ることで、贈り主と贈り先の関係がより深まり、贈り先の店が繁栄することを願っています。この記事がお役に立てれば幸いです。ありがとうございました。

今週のイチ押しショップ
ビジネス贈答花№1

予算内で、見栄えの良いお花で、 立札・ラッピング、色など、マナーを守った恥ずかしくないお花を贈りたい方は必見。移転祝い、開店祝い、開業祝い、就任祝い、開院祝い、設立祝い、新社屋落成祝い、昇進祝い、周年祝いなどのフラワーギフトで信頼できる
⇒【法人向けフラワーギフト通販の花秘書

胡蝶蘭のおすすめ店ランキング
価格も生花店の半額が相場!
無料のラッピング・立札・写真送信
胡蝶蘭通販のおすすめランキングを見る

大手通販サイトで最安値を確認
胡蝶蘭の種類や価格帯が豊富
>>Amazon >>楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました