選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈る|贈り方のマナー

目が入っただるまの画像 お祝いの胡蝶蘭
目が入っただるまの画像
\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈るのは、日本の伝統的な風習です。胡蝶蘭は、高貴で華やかな花であり、当選者の栄光と成功を祝福する意味があります。

しかし、胡蝶蘭を贈る際には、相場やマナーに注意しなければなりません。贈り方を間違えると、相手に失礼にあたる可能性があります。そこで、この記事では、選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈るときの相場とマナーについて、詳しく解説します。

選挙の当選祝いに贈る胡蝶蘭の値段相場のマナー

3つ並んだ胡蝶蘭の鉢植え画像

胡蝶蘭の値段は、花の色や大きさ、立数などによって異なりますが、一般的には、3万円から5万円程度が相場とされています。

これは、胡蝶蘭の生産コストや需要と供給のバランスによるものです。しかし、胡蝶蘭の値段には、贈る相手との関係性や贈る場面に応じたマナーもあります。以下に、そのポイントを説明します。

当選祝い胡蝶蘭の一般的な値段相場は3万~5万

選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈る場合、一般的には、3万円から5万円程度の胡蝶蘭を選ぶのが無難です。これは、胡蝶蘭の相場として一般的な価格帯であり、相手に対して適切な敬意と感謝の気持ちを表すことができます。

また、胡蝶蘭は高級な花であるため、あまり安すぎると相手に失礼にあたる可能性があります。逆に、あまり高すぎると、相手に負担をかけることになります。そのため、3万円から5万円程度の胡蝶蘭を贈るのが、一般的なマナーとなります。

深い関係の当選祝い胡蝶蘭は相場より高めがマナー

選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈る相手が、自分と深い関係にある場合は、相場よりも高めの胡蝶蘭を贈るのがマナーです。これは、相手に対して特別な感謝と祝福の気持ちを表すためです。

深い関係にある相手とは、例えば、親族や親友、恩師や恩人、政治的な支援者や後援者などです。このような相手には、5万円以上の胡蝶蘭を贈るのが、相応しいとされています。ただし、贈る胡蝶蘭の値段は、自分の経済状況や相手の立場にもよりますので、無理をしないようにしましょう。

一般生花店の相場より、2割~3割安く、ワンランク上の胡蝶蘭が買える専門店の人気ランキングが以下の記事になります↓

胡蝶蘭の通販おすすめ店13選!口コミ評判ランキング
開店のお祝いや記念式典、誕生日のお祝いやお供えの花まで、贈り物に相応しい花の代表格といえば胡蝶蘭です。 この記事では、産地直送で新鮮な胡蝶蘭の通販サイトを運営する、専門店12社の人気おすすめランキングを紹介します。 口コミの評判や品評会での...

選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈るときのマナー

胡蝶蘭の画像②

胡蝶蘭の値段だけでなく、贈るときのマナーも重要です。胡蝶蘭を贈るときには、以下のポイントに注意しましょう。

公職選挙法に抵触しないよう注意する

選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈る場合、公職選挙法に抵触しないように注意しなければなりません。公職選挙法は、選挙に関する不正行為を防止するための法律であり、選挙期間中や選挙後に、選挙に関係する者に対して金品を贈ったり、受け取ったりすることを禁止しています。

この法律に違反すると、罰則があります。そのため、胡蝶蘭を贈るときには、以下のことに気をつけましょう。

– 選挙期間中は、胡蝶蘭を贈らないこと。選挙期間中とは、告示日から投票日までの期間です。
– 選挙期間外でも、選挙に関係する者に対して胡蝶蘭を贈る場合は、贈る目的や関係性を明確にすること。例えば、親族や親友などの場合は、その旨を伝えること。
– 胡蝶蘭を受け取った場合は、受け取った日付と贈った者の氏名と住所を記録し、必要に応じて選挙管理委員会に報告すること。

立札の書き方

幸福の胡蝶蘭屋さんの立札書き方参考例

幸福の胡蝶蘭屋さんの立札書き方参考例

出典:幸福の胡蝶蘭屋さん

胡蝶蘭を贈るときには、立札を付けるのが一般的です。立札には、以下のことを書きましょう。

– 贈る相手の氏名と役職。例えば、「○○市長 △△様」
– 贈る理由。例えば、「選挙の当選おめでとうございます」
– 贈る者の氏名と役職。例えば、「○○商工会議所会頭 □□」
– 贈る者の連絡先。例えば、「電話番号:000-0000-0000」

立札は、白い紙に黒い墨で書くのが一般的です。また、立札は、胡蝶蘭の花の上に置くのではなく、鉢の下に差し込むのがマナーです。

ラッピング

クマサキ洋蘭農園のラッピング

クマサキ洋蘭農園のラッピング

出典:クマサキ洋蘭農園

胡蝶蘭を贈るときには、ラッピングも重要です。ラッピングには、以下のことに注意しましょう。

・ラッピングは、清潔で美しいものを選ぶこと。汚れたり破れたりしたものは、相手に失礼にあたります。
・ラッピングは、胡蝶蘭の花の色に合わせること。一般的には、白やクリーム色のものが無難です。また、ラッピングは、胡蝶蘭の花の形やデザインを隠さないようにすること。胡蝶蘭の花は、贈る相手に見せるべきものです。
・ラッピングには、リボンや飾りを付けることができますが、派手すぎないようにすること。また、リボンや飾りの色は、胡蝶蘭の花の色と調和するものを選ぶこと。例えば、白い胡蝶蘭には、青や緑のリボンや飾りが合います。
・ラッピングは、胡蝶蘭の鉢にぴったりとフィットするようにすること。ラッピングがずれたり、ふわふわしたりすると、見栄えが悪くなります。

贈り先の確認

選挙事務所は選挙期間が終わるとすぐ閉鎖することがほとんどなので、胡蝶蘭を贈るときには、贈り先の確認も重要です。贈り先の確認には、以下のことに注意しましょう。

– 贈り先の住所や電話番号を正確に確認すること。間違えると、胡蝶蘭が届かなかったり、違う人に届いたりする可能性があります。
– 贈り先が、胡蝶蘭を受け取れる場所や時間を確認すること。例えば、贈り先が自宅や事務所にいるかどうか、受け取りに出られるかどうかなどです。胡蝶蘭は生き物であり、長時間放置されると、枯れたり傷んだりする可能性があります。
– 贈り先が、胡蝶蘭を受け取ることに了承しているかどうかを確認すること。胡蝶蘭は高価な花であり、相手にとって負担になることもあります。また、胡蝶蘭に対してアレルギーを持っている人もいます。そのため、事前に相手に連絡を取って、胡蝶蘭を贈ることに同意を得ることが望ましいです。

胡蝶蘭を手配するタイミング

胡蝶蘭を贈るときには、胡蝶蘭を手配するタイミングも重要です。胡蝶蘭を手配するタイミングには、以下のことに注意しましょう。

– 胡蝶蘭は、当選が確定した日から3日以内に贈るのが一般的です。これは、当選の喜びを早く伝えるためです。また、選挙の話題が冷めないうちに贈ることで、相手に印象づけることができます。
– 胡蝶蘭は、当選者が受け取れる時間帯に合わせて手配すること。例えば、当選者が夜に自宅に帰る場合は、夕方に届くようにすること。また、当選者が事務所にいる場合は、昼間に届くようにすること。胡蝶蘭は、当選者が直接受け取ることで、感動を高めることができます。
– 胡蝶蘭は、信頼できる業者に依頼すること。胡蝶蘭は、品質や鮮度が重要です。また、配送やラッピングも丁寧に行われることが必要です。そのため、胡蝶蘭の専門店や評判の良い業者に依頼することが望ましいです。

選挙の当選祝いに相応しい胡蝶蘭の選び方

華やかな胡蝶蘭の写真

華やかな胡蝶蘭の写真

胡蝶蘭を贈るときには、相場やマナーだけでなく、胡蝶蘭の選び方も重要です。胡蝶蘭の選び方には、以下のポイントに注意しましょう。

花の色

\受賞歴のある優秀な生産者から産地直送/ 2024年最新!胡蝶蘭 通販 おすすめランキング

胡蝶蘭の花の色は、贈る相手や贈る場面によって変わります。一般的には、以下のような色が適しています。

:白は、清潔で純真な色であり、当選者の清廉さや誠実さを表します。また、白は、どんな色とも合わせやすい色であり、胡蝶蘭の花の美しさを引き立てます。白は、どんな相手や場面にも贈りやすい色です。
:赤は、情熱や勇気、活力の色であり、当選者の熱意や闘志を表します。また、赤は、目立つ色であり、当選者の存在感やリーダーシップを表します。赤は、親しい相手や華やかな場面に贈る色です。
ピンク:ピンクは、優しさや愛情、幸福の色であり、当選者の人柄や人気を表します。また、ピンクは、可愛らしい色であり、当選者の魅力や個性を表します。ピンクは、女性の相手や可憐な場面に贈る色です。

大きさ

胡蝶蘭の大きさは、贈る相手や贈る場面によって変わります。一般的には、以下のような大きさが適しています。

小さめ:小さめの胡蝶蘭は、約30cmから50cm程度のものです。小さめの胡蝶蘭は、控えめで上品な印象を与えます。また、小さめの胡蝶蘭は、置く場所に困らないという利点があります。小さめの胡蝶蘭は、自宅や省スペースの事務所に贈る場合や、相手が多数の胡蝶蘭を受け取る場合に適しています。
中くらい:中くらいの胡蝶蘭は、約50cmから80cm程度のものです。中くらいの胡蝶蘭は、バランスが良く、目にも鮮やかな印象を与えます。また、中くらいの胡蝶蘭は、贈る相手の気持ちを十分に伝えることができます。中くらいの胡蝶蘭は、一般的な場合に贈るのが無難です。
大きめ:大きめの胡蝶蘭は、約80cmから100cm以上のものです。大きめの胡蝶蘭は、豪華で圧倒的な印象を与えます。また、大きめの胡蝶蘭は、贈る相手の栄誉や尊敬を表します。大きめの胡蝶蘭は、関係の深い相手や特別な場面に贈るのが適しています。

法人や関係者、団体の場合は、大きめの胡蝶蘭を選ぶのが無難です。

立数

胡蝶蘭の立数は、胡蝶蘭の茎の本数のことです。胡蝶蘭の立数は、贈る相手や贈る場面によって変わります。一般的には、以下のような立数が適しています。

・3本立ち
:3本立ちの胡蝶蘭は、3本の茎に多数の花が咲くものです。3本立ちの胡蝶蘭は、豪華で華やかな印象を与えます。また、3本立ちの胡蝶蘭は、贈る相手の三倍の幸せや成功を表します。3本立ちの胡蝶蘭は、親しい相手や特別な場面に贈るのが適しています。
・5本立ち
:5本立ちの胡蝶蘭は、五福を表すとされています。五福とは、長寿、富貴、健康、仁愛、子孫繁栄のことです。5本立ちの胡蝶蘭は、当選者に五福が訪れることを祈る意味があります。また、5本立ちの胡蝶蘭は、豪華で華やかな印象を与えます。5本立ちの胡蝶蘭は、親しい相手や特別な場面に贈るのがおすすめです。
・7本立ち
:7本立ちの胡蝶蘭は、ラッキー7や七福神を表すとされています。七福神とは、恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人、布袋のことです。7本立ちの胡蝶蘭は、当選者に七福神のご加護があることを祈る意味があります。また、7本立ちの胡蝶蘭は、最高の贈り物とされています。7本立ちの胡蝶蘭は、深い関係の相手や最高の場面に贈るのがおすすめです。

最後に

選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈るときには、相場やマナー、選び方に注意することが大切です。胡蝶蘭は、当選者の喜びや感謝を表す素晴らしい花です。しかし、贈り方を間違えると、相手に失礼にあたる可能性があります。

そこで、この記事では、選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈るときの相場とマナーについて、詳しく解説しました。胡蝶蘭を贈るときには、この記事を参考にして、相手に喜ばれる胡蝶蘭を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました