野生の胡蝶蘭原種の種類|購入できる販売店について

自生した野生の胡蝶蘭の写真 胡蝶蘭の種類
自生した野生の胡蝶蘭の写真

胡蝶蘭は日本でも人気の高い花の一つですが、その美しさの秘密は、野生の胡蝶蘭の原種にあります。

野生の胡蝶蘭の原種は、世界中の熱帯や亜熱帯の森林に自生しており、多種多様な形や色を持っています。この記事では、野生の胡蝶蘭の原種の種類や特徴、そして国内で購入できる販売店についてご紹介します。

胡蝶蘭の基本知識

胡蝶蘭の原産地イメージ画像

胡蝶蘭の原産地イメージ画像

まず、胡蝶蘭の基礎的な情報をご覧ください。

胡蝶蘭の原産地と気候

胡蝶蘭は、東南アジア、オーストラリア、インド、フィリピン、台湾、中国などの熱帯や亜熱帯の地域に原産しています。そのため、胡蝶蘭は高温多湿な気候を好みます。一般的に、昼間は25℃以上、夜間は18℃以上の温度が必要です。また、高い湿度も重要で、50%以上が望ましいとされています。

学名・英語名・和名(胡蝶蘭)

胡蝶蘭の学名は、Phalaenopsis(ファレノプシス)です。英語名は、Moth Orchid(モス・オーキッド)と呼ばれます。これは、花の形が蛾に似ていることから名付けられました。和名の胡蝶蘭は、花の形が胡蝶(こちょう)に似ていることから名付けられました。

胡蝶蘭は着生植物

胡蝶蘭は、着生植物と呼ばれる植物の一種です。着生植物とは、土に根を張らずに、他の植物の枝や幹に付着して生育する植物のことです。胡蝶蘭は、森林の木の上に根を張り、空気中の水分や栄養素を吸収して生きています。そのため、胡蝶蘭の根は、水分や酸素を取り込むために白くふっくらとしています。

野生の胡蝶蘭の原種とは

紫胡蝶蘭の写真

紫胡蝶蘭の写真

次に、胡蝶蘭の原種について詳しく解説します。

生息地

野生の胡蝶蘭の原種は、約50種類ほど存在しています。そのうち、約40種類はインドネシアやマレーシアなどの東南アジアに、約10種類はオーストラリアやニューギニアなどのオセアニアに分布しています。野生の胡蝶蘭の原種は、主に標高1000m以下の低地の森林に生息していますが、中には標高2000m以上の高地の森林に生息する種類もあります。

多種多様な形

野生の胡蝶蘭の原種は、多種多様な形や色を持っています。花の大きさは、数cmから数十cmまでさまざまです。花の色は、白やピンク、紫、黄色、赤など、虹色に近いほど豊富です。花の形も、星型や蝶型、蛾型、蜂型など、動物に似たものが多く見られます。また、花の香りも、甘いものからスパイシーなものまで、種類によって異なります。

胡蝶蘭の原種の種類

ここでは、野生の胡蝶蘭の原種の中でも、特に人気の高い11種類をご紹介します。

ファレノプシス・アマビリス

ファレノプシス・アマビリス

ファレノプシス・アマビリス

画像出展:Phalaenopsis amabilis

ファレノプシス・アマビリスは、胡蝶蘭の代表的な原種です。白い大きな花を咲かせます。花びらの先端には、黄色やピンクの斑点があります。花の直径は、約10cmほどです。花茎は、長く伸びて、数十個の花をつけます。花期は、冬から春にかけてです。香りは、ほとんどありません。原産地は、インドネシアやフィリピンなどです。

ファレノプシス・アンボイネンシス

ファレノプシス・アンボイネンシス

ファレノプシス・アンボイネンシス

画像出展:GKZ 植物辞典

ファレノプシス・アンボイネンシスは、紫色の花を咲かせる原種です。花びらは、細長くてカーブしています。花の直径は、約5cmほどです。花茎は、短くて、数個の花をつけます。花期は、春から夏にかけてです。香りは、強くて甘いです。原産地は、インドネシアのアンボン島などです。

ファレノプシス・セレベンシス

ファレノプシス・セレベンシス

ファレノプシス・セレベンシス

画像出展:GKZ 植物辞典

ファレノプシス・セレベンシスは、黄色の花を咲かせる原種です。花びらは、丸くて平らです。花の中心には、赤や茶色の模様があります。花の直径は、約4cmほどです。花茎は、長く伸びて、数十個の花をつけます。花期は、夏から秋にかけてです。香りは、ほとんどありません。原産地は、インドネシアのスラウェシ島などです。

ファレノプシス・チバエ

ファレノプシス・チバエ

ファレノプシス・チバエ

画像出展:胡蝶蘭、洋蘭苗ギフト専門店 洋蘭.BIZスズキラン園

ファレノプシス・チバエは、ピンク色の花を咲かせる原種です。花びらは、やや細長くてカーブしています。花の中心には、白い模様があります。花の直径は、約3cmほどです。花茎は、短くて、数個の花をつけます。花期は、春から夏にかけてです。香りは、強くて甘いです。原産地は、台湾などです。

ファレノプシス・ビオラセア

ファレノプシス・ビオラセア

ファレノプシス・ビオラセア

画像出展:GKZ 植物辞典

ファレノプシス・ビオラセアは、紫色の花を咲かせる原種です。花びらは、丸くて平らです。花の中心には、白い模様があります。花の直径は、約5cmほどです。花茎は、長く伸びて、数十個の花をつけます。花期は、夏から秋にかけてです。香りは、ほとんどありません。原産地は、インドネシアのジャワ島などです。

ファレノプシス・ギガンテア

ファレノプシス・ギガンテア

ファレノプシス・ギガンテア

画像出展:IOSPの写真

ファレノプシス・ギガンテアは、胡蝶蘭の中でも最大級の原種です。白や黄色の花を咲かせます。花びらは、やや細長くてカーブしています。花の直径は、約15cmほどです。花茎は、短くて、数個の花をつけます。花期は、冬から春にかけてです。香りは、強くて甘いです。原産地は、ボルネオ島などです。

ファレノプシス・スペシオサ

ファレノプシス・スペシオサ

ファレノプシス・スペシオサ

画像出展:Phalenopsis speciosa

ファレノプシス・スペシオサは、赤やピンクの花を咲かせる原種です。花びらは、丸くて平らです。花の中心には、白や黄色の模様があります。花の直径は、約8cmほどです。花茎は、長く伸びて、数十個の花をつけます。花期は、夏から秋にかけてです。香りは、ほとんどありません。原産地は、マレーシアやインドネシアなどです。

ファレノプシス・ベリーナ

ファレノプシス・ベリーナ

ファレノプシス・ベリーナ

画像出展:Phalenopsis speciosa

ファレノプシス・ベリーナは、ピンクや紫の花を咲かせる原種です。花びらは、丸くて平らです。花の中心には、白や黄色の模様があります。花の直径は、約6cmほどです。花茎は、短くて、数個の花をつけます。花期は、夏から秋にかけてです。香りは、強くて甘いです。原産地は、ボルネオ島などです。

ファレノプシス・ヒエログリフィカ

ファレノプシス・ヒエログリフィカ

ファレノプシス・ヒエログリフィカ

画像出展:Phalenopsis speciosa

ファレノプシス・ヒエログリフィカは、黄色の花を咲かせる原種です。花びらは、細長くてカーブしています。花の中心には、赤や茶色の模様があります。花の直径は、約4cmほどです。花茎は、短くて、数個の花をつけます。花期は、夏から秋にかけてです。香りは、ほとんどありません。原産地は、ニューギニア島などです。

ファレノプシス・シレリアナ

ファレノプシス・シレリアナ

ファレノプシス・シレリアナ

画像出展:Phalenopsis speciosa

ファレノプシス・シレリアナは、銀色の葉とピンクの花を咲かせる原種です。花びらは、丸くて平らです。花の中心には、白や黄色の模様があります。花の直径は、約5cmほどです。花茎は、長く伸びて、数十個の花をつけます。花期は、冬から春にかけてです。香りは、ほとんどありません。原産地は、フィリピンなどです。

ファレノプシス・マンニー

ファレノプシス・マンニー

ファレノプシス・マンニー

画像出展:Phalenopsis speciosa

ファレノプシス・マンニーは、黄色やオレンジの花を咲かせる原種です。花びらは、細長くてカーブしています。花の中心には、赤や茶色の模様があります。花の直径は、約4cmほどです。花茎は、短くて、数個の花をつけます。花期は、夏から秋にかけてです。香りは、ほとんどありません。原産地は、インドやミャンマーなどです。

胡蝶蘭の原種が購入できる販売店

野生の胡蝶蘭の原種は、そのままの姿で鑑賞できる貴重な植物です。しかし、野生の胡蝶蘭の原種は、自然保護のために採取や輸出が禁止されている場合が多く、なかなか手に入れることができません。

そこで、国内で人工栽培しているものであれば、通販などで購入できるようになっています。原種50種のうち、20種は国内栽培されているようです。国内栽培されている原種は、野生のものと同じように美しく咲きますが、栽培方法や管理が難しい場合もあります。購入する際は、詳しい情報やアドバイスを確認してください。

胡蝶蘭の原種の通販

胡蝶蘭の原種の育て方

胡蝶蘭の原種の育て方のポイントは以下の通りです。

温度:20度前後が適温。冬は15度以上、夏は25度以下に保つ。
湿度:高温多湿地帯に原生するため、乾燥に弱い。霧吹きで葉水を与える。
日当たり:直射日光を避け、レースのカーテン越しに光が当たる程度にする。
通気性:着生植物であるため、根に空気を通す必要がある。吊り下げた状態で栽培するのが望ましい。
・水やり:根に水を与えるよりも、葉に水を与える方が効果的。鉢中のバークや水苔が乾いたら水を与える。

以上が、胡蝶蘭の原種の育て方のポイントです。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

最後に

以上が、野生の胡蝶蘭の原種の種類と販売店についてのブログ記事です。野生の胡蝶蘭の原種は、そのままの姿で鑑賞できる貴重な植物です。

もし、気になる原種があれば、ぜひ通販で購入してみてください。ただし、栽培方法や管理が難しい場合もあるので、注意してください。野生の胡蝶蘭の原種を通して、胡蝶蘭の魅力を再発見してみましょう。

胡蝶蘭の通販おすすめショップ

今週のイチ押しショップ
ビジネス贈答花№1

予算内で、見栄えの良いお花で、 立札・ラッピング、色など、マナーを守った恥ずかしくないお花を贈りたい方は必見。移転祝い、開店祝い、開業祝い、就任祝い、開院祝い、設立祝い、新社屋落成祝い、昇進祝い、周年祝いなどのフラワーギフトで信頼できる
⇒【法人向けフラワーギフト通販の花秘書

胡蝶蘭のおすすめ店ランキング
価格も生花店の半額が相場!
無料のラッピング・立札・写真送信
胡蝶蘭通販のおすすめランキングを見る

大手通販サイトで最安値を確認
胡蝶蘭の種類や価格帯が豊富
>>Amazon >>楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました