胡蝶蘭をお供えの花に贈る場合の贈り方やマナーの手引き

手を合わせる男性の画像 お悔みの胡蝶蘭
手を合わせる男性の画像

お祝いごとなどのおめでたいシーンで贈られるイメージが強い胡蝶蘭ですが、実はお葬式や法事など、亡くなった人へのお供えの花としても選ばれることが多いのです。

この記事は、胡蝶蘭をお供え花として贈る際の贈り方のマナーについて解説。また、お供えの花に胡蝶蘭が喜ばれる理由についても説明します。

供花として胡蝶蘭を贈る場合の贈り方やマナー

華やかな胡蝶蘭の写真

華やかな胡蝶蘭の写真

お葬式や通夜のお供えの花として胡蝶蘭を贈る場合、遺族は故人が亡くなってあまり時間が経過していない状態で受け取ることになります。

お供えの花は、故人のご冥福を祈り、お悔みの気持ちや生前お世話になったことへの感謝を表すものなので、マナーに反することは、故人や遺族に大変失礼です。

事項からは、お供えの花として胡蝶蘭を選ぶ際のマナーについて説明します。

供花胡蝶蘭のラッピングのマナー

胡蝶蘭は、お祝いであればカラフルなラッピングが喜ばれますが、お供え花のマナーとして派手な色のラッピングはNGです。

お供えの花として胡蝶蘭を贈る場合は、黒や白、薄紫の包装紙やリボンのラッピングが一般的。また、包装紙に故人の名前や法名を書くこともあります。

胡蝶蘭をお供え花として持参する際のマナー

数珠の画像

数珠の画像

お葬式や通夜にお供えの花として持参するケースもあるかと思いますが、遺族に直接渡すのはマナー的にあまりよろしくありません。悲しみにくれるなか、来賓の対応や忙しくされているケースも多いので手渡しが負担になる場合もあります。

あらかじめ持参していいか伺えなければ、式場のスタッフに相談して受けっとってもらうなど遺族の負担にならないよう注意するのがマナー。枕花(まくらばな)として持参する場合も、枕花は式場側が用意してるのが通常なので、必ず式場のスタッフに相談して手渡すのがマナーです。

1周忌や3回忌など、法事の際も同じですが、自宅で行われるさいも遺族の手を煩わせることのないよう気遣うのが正常で、指定された場所にご自身でお供えの花を飾るのがマナーです。

枕花とは棺桶の中にお供えする花のことなので、適度な大きさに剪定するなどの気遣いもマナーのひとつになります。

供花としての胡蝶蘭は花の色に気遣うのがマナー

華やかな胡蝶蘭の写真

華やかな胡蝶蘭の写真

胡蝶蘭といっても様々な種類があり色のバリエーションも豊富です。お祝いであれば派手な色も喜ばれますが、お葬式や通夜など、故人へのお供え花として贈る場合は白い花の胡蝶蘭が選ぶようマナーに注意しましょう。

胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」という共通の花言葉がありますが、白い胡蝶蘭には「純粋」という花言葉があり、心から純粋に哀悼の意を表すこともできます。法事でも基本的には白い胡蝶蘭が選ばれますが、法事や法要では「あなたを愛しています」という花言葉を持つ淡いピンク色の胡蝶蘭が選ばれるケースもあります。

お供えの花の胡蝶蘭は贈るタイミングに気を遣うのもマナー

お供えの花を贈るタイミングは、胡蝶蘭に限らずそれなりのマナーがあります。まず、お供えの花として胡蝶蘭を贈るシーンというのは亡くなった知らせを受けた後のはずです。

「お葬式の何時間前とか前日とかのタイミングで贈るようにしましょう」といった内容を耳にすることがあるのですが、お亡くなりになった知らせを聞くのは10人いれば10人とも違うことでしょう。

お通夜やお葬式まで時間があれば調整しやすいですが、当日配送や翌日配送では間に合わないケースもあるはずです。大切なのは葬儀が行われる場所や日時を確認し、調整できるのであれば現地に届くよう手配し、間に合わないようであれば、後日自宅へ贈るなど、遺族への配慮ができる柔軟さを持つことが最大のマナーです。

供花として胡蝶蘭を贈るなら相手の置くスペースの確認も大事なマナー

白い胡蝶蘭の画像

白い胡蝶蘭の画像①

胡蝶蘭の定番と言えば花の大きな大輪胡蝶蘭ですが、それぞれの事情により葬儀が行われる場所のスペースはさまざまです。自宅で行われる葬儀ならたくさんのお供えの花を置くスペースの確保が困難なので、大輪の立派な胡蝶蘭よりミディでコンパクトなものがふさわしいでしょう。

また、取引先などの会社役員が故人の場合は、花が大きい3本立や5本立の立派な胡蝶蘭を贈るほうが気持ちが伝わるかもしれません。できれば、スペースについてあらかじめ問い合わせるのが親切ですしマナーといえるでしょう。

供花としての胡蝶蘭は価格の相場に関するマナー

お供えの花として胡蝶蘭を選ぶとき価格の相場を気にするのはビジネスシーンに限るというと言いすぎかもしれませんが、個人的なものであればお供えの花のお供え花の価格相場などまったく気にする必要がないというのが本筋です。

前述した通り、お供えの花は、故人のご冥福を祈り、お悔みの気持ちや生前お世話になったことへの感謝を表すものなので、お伝えしたマナーについて配慮していれば気持ちが何よりも大切なはずです。

しかし、ビジネスシーンでは少し違います。価格の安い胡蝶蘭を贈った場合、相手の会社の人たちが関係を軽視されているように感じ、侮辱されたように思う慣習があるからです。なのでビジネスシーンでは相場より少し高値の価格で立派な胡蝶蘭を選ぶ必要があります。

スペースが少ない場合でも、取引先に確認してそのスペースにおける最大限立派な胡蝶蘭を選ぶことが信頼関係の継続に繋がることが通常のマナーだからです。

胡蝶蘭をお供え花として贈る場合の立札の書き方に関するマナー

お供え花として胡蝶蘭を贈る際の立札の書き方マナーは以下の通りです。

・ 立札には「御供」「供」「供花」などの表書きと、贈り主の氏名や会社名、部署名などを記載します。亡くなった方やご遺族の名前は書きません。

・ 立札の色は白や紫など控えめな色を選びます。赤や黄色など派手な色は避けます。

・ 立札の大きさは胡蝶蘭のサイズに合わせて選びます。大きすぎると見栄えが悪くなります。

・ 立札は胡蝶蘭の花下(鉢の部分)か花上に立てます。花下に立てる場合は胡蝶蘭の中心に、花上に立てる場合は胡蝶蘭の右側に立てます。

・ 立札は胡蝶蘭を贈る前日までに準備し、お届け先の式場や喪主さまに確認の上、お花屋さんに相談して手配します。

以上がお供え花として胡蝶蘭を贈る際の立札の書き方マナーです。

胡蝶蘭がお供えの花として相応しい理由について

白い胡蝶蘭の画像

マナーについて説明する前にまず、胡蝶蘭が強化にふさわしい理由を解説します。

哀悼の気持ちを表す

・胡蝶蘭はその美しさと高貴な雰囲気から、亡くなった人への哀悼の気持ちを示すことができる。

鎮魂とあの世での安らぎを願う

・胡蝶蘭は長寿を象徴する花とされており、亡くなった人の魂が安らかに永遠に生き続けることを願う意味も込められる。その魂に平穏とあの世での幸福を願うことができます。

遺族の心を癒す

・胡蝶蘭は悲しみに暮れる心を癒すとされていて、亡くなった人の家族や友人に精神的な安心感を得る助けになると考えられます。

愛や感謝を伝える

・胡蝶蘭は花言葉においても「無言の愛」や「感謝」を表現する花とされており、言葉では表せない感情を花に伝える手段として選ばれています。

胡蝶蘭はお葬式や法事の際に亡くなった人への配慮や哀悼の気持ちを表現し、同時に家族や友人の心を癒す花として選ばれることが多いのです。

最後に

以上が法事のお供えとして胡蝶蘭を贈る際の基本的なマナーですが、ネット通販の専門店なら、これらのマナーに配慮して手間や時間をかけずに手配することができます。最後にお供え花の胡蝶蘭がおすすめな専門店を紹介します。

胡蝶蘭の通販でおすすめな楽天以外のショップランキング

生産者からの産地直送で、葬儀や法事のシーンに合わせた花のチョイス、相場価格より立派な胡蝶蘭の選定も数分で完了するネット通販の専門店です。楽天にもたくさんありますが、運営公式サイトの直販が中間マージンもなくお得になります。

翌日配送や最短であれば当日配送に対応した専門店を厳選して紹介していますので、お供えの胡蝶蘭をお探しであれば、楽天以外に、おすすめな公式直販サイトの人気ランキングご覧ください。

花キューピットでお供え胡蝶蘭を探すなら

花ギフトといえば花キューピットが有名で、知名度抜群。こちらは、花キューピット胡蝶蘭の評判やショップの評価をまとめた記事になります。ショップの評判を確認したうえで購入可能です。

お供え花をミニ胡蝶蘭で検討しているなら

個人的なお供え花として、ミニ胡蝶蘭をご検討されてるなら、ミニ胡蝶蘭に強いネット通販がおすすめです。生花店より価格も安く種類も豊富なので、ニーズに合ったミニ胡蝶蘭が見つかるでしょう。

おすすめなショップの評判や運営実態を調べて掲載したものが以下の2記事になります。もちろん、評価を確認したらそのまま注文可能です。

今週のイチ押しショップ
ビジネス贈答花№1

予算内で、見栄えの良いお花で、 立札・ラッピング、色など、マナーを守った恥ずかしくないお花を贈りたい方は必見。移転祝い、開店祝い、開業祝い、就任祝い、開院祝い、設立祝い、新社屋落成祝い、昇進祝い、周年祝いなどのフラワーギフトで信頼できる
⇒【法人向けフラワーギフト通販の花秘書

胡蝶蘭のおすすめ店ランキング
価格も生花店の半額が相場!
無料のラッピング・立札・写真送信
胡蝶蘭通販のおすすめランキングを見る

大手通販サイトで最安値を確認
胡蝶蘭の種類や価格帯が豊富
>>Amazon >>楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました