胡蝶蘭が長寿祝いにピッタリな理由

胡蝶蘭が長寿祝いに選ばれている理由

胡蝶蘭が還暦など長寿祝いにおすすめな理由|値段の相場や贈り方

 

日本には、長生きしている人の誕生日を特別に祝う習慣があって、長寿祝いは国民の間に広く浸透しています。

 

ご年配の方を敬う気持ち、「長生きしてくれて有難う」といった気持ちなどを表す機会でもあるため、高級感のある胡蝶蘭をチョイスする人も多いようです。

 

具体的に長寿祝いの年齢とその名称は以下の通りです。

 

還暦祝い:60歳 古希祝い:70歳 喜寿祝い:77歳
傘寿祝い:80歳 米寿祝い:88歳 卒寿祝い:90歳
白寿祝い:99歳

 

このページでは、長寿祝いに胡蝶蘭が選ばれている理由について解説します。また、長寿祝いで贈る胡蝶蘭の相場や、贈る際のマナーについてなるべく端的に詳しくまとめています。

 

※目次を開くと見たい項目にジャンプ出来ます

 

胡蝶蘭が長寿祝いに選らばれる2つの理由

胡蝶蘭が還暦などの長寿祝いに喜ばれる理由

 

数多くの種類があるお祝いの花ですが、中でも胡蝶蘭は長寿祝いにおすすめとされています。胡蝶蘭が長寿祝いに最適とされている理由は、主に以下のようなものが考えられます。

 

胡蝶蘭が長寿祝いに選らばれる理由1、ピッタリな花言葉がある

胡蝶蘭 花言葉

 

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」「純粋な愛」です。縁起が良く、人生の節目である長寿祝いにも最適といえるでしょう。

 

花言葉が良い花は他にもありますが、見た目の華やかさと育てやすさを両立したものは少ないです。そのどちらも持っている胡蝶蘭はプレゼントに向いています。

 

※胡蝶蘭は色別にも花言葉がありますので、花言葉について詳しく知っておきたい場合は「胡蝶蘭の花言葉|色別」のページをご覧になってみて下さい。

 

 

胡蝶蘭が長寿祝いに選らばれる理由2、手間が少なく貰った後も育てやすい

育てやすい胡蝶蘭

 

胡蝶蘭はその見た目の華やかさから、育てにくように感じる方もいると思います。しかし実は胡蝶蘭は水やりや肥料などをほとんど必要としません。

 

あまり手をかけなくても2〜3ヶ月の長い間、花を楽しめるのが特長です。そのため普段から花の世話をしないような方にも気軽に贈れます。

 

また胡蝶蘭は寿命が長いので一旦花が落ちてから再び咲く、「2度咲き」も楽しめます。

 

※胡蝶蘭の育て方についての詳細は「胡蝶蘭の植え替え方法」、2度咲きについては「花の終わった胡蝶蘭を二度咲きさせる方法」のページで詳しくご紹介しています。

 

 

胡蝶蘭を長寿祝いで贈る際の相場

長寿祝い 胡蝶蘭 値段 相場

 

長寿祝いで贈る胡蝶蘭ですが、お相手との関係性で値段の相場が変わってきます。

 

一般的な相場を表にしましたので、ご参考になれば幸いです。

 

・子供から親 約2〜3万円
・孫から祖父母 約1〜2万円
・親戚や知人 約5千円〜1万円
・仕事関係 約3千円〜1万円

 

 

花の大きさや本数によって異なる長寿祝い用胡蝶蘭の値段

胡蝶蘭はサイズや本数で価格が変わる

 

胡蝶蘭は花の大きさや茎の本数によって値段が変わってきます。ここでは、胡蝶蘭の花のサイズ、それに○○本立と表記される意味合いについて簡単に解説します。

 

 

茎の本数による分類について

胡蝶蘭の茎の本数

 

まず、花を付ける茎の本数で3本足立・5本立などに分かれています。「死」や「苦」を連想させる4本立・9本立は基本的に作られていません。

 

花茎が3本であれば3本立、5本であれば5本立といった具合で分類され、同じ種類の胡蝶蘭であれば花茎の本数が増えるほど値段が高くなります。

 

一般的なビジネスシーンや開店祝いなどでよく見かけるのが3本立・5本立といった定番の胡蝶蘭で、7本立を超えてくるとオーダーメイドになるショップが多いようです。

 

 

花の大きさによる種類について

花の大きさによる種類

 

胡蝶蘭はサイズによって、大きいものから順に、大輪・中大輪・ミディといった種類に分類されています。

 

ビジネスシーンや開店祝いなどでよく見かける定番の胡蝶蘭が、一番花が大きい大倫サイズとなり、個人的なギフト等ではミディサイズが人気です。

 

こちらも、花が大きいほど値段が高くなり、ミディサイズなど花が小さいほど安くなるのが基本です。

 

花の大きさは以下のように定められています。

 

・大輪 10〜15p以上
大倫の胡蝶蘭

 

・中大輪 6〜10p程度
中大輪の胡蝶蘭

 

・ミディ 3〜6p程度
ミディサイズの胡蝶蘭

 

 

花の大きさや本数によって異なる胡蝶蘭の値段|まとめ

花の大きさや本数によって異なる値段|まとめ

 

花の大きさによって見た目のイメージは大きく異なります。ミディより中大輪、中大輪よりも大倫のほうが値段設定が高くなります。

 

また立ち数が増えるたびに豪華さも増しますがその分価格も上がるので、鉢を置くスペースや予算によって選ぶのがおすすめです。

 

※目安となる一般的な胡蝶蘭の値段の相場については「胡蝶蘭の値段や相場」のページでシーン別・本数別に詳しくまとめています。

 

おすすめショップをまとめたランキングはこちら

▼ ▼ ▼

 

 

 

胡蝶蘭を長寿祝いで贈る際のマナー

長寿のお祝いで胡蝶蘭を贈る際に注意すべきマナー

 

胡蝶蘭にもさまざまなサイズや種類があります。そのため贈る相手に合わせたものを選ぶことが大切です。

 

 

胡蝶蘭を長寿祝いで贈る際のマナー1、法人・個人共通

ピンクの胡蝶蘭

 

たとえば還暦のお祝いは、赤い贈り物が好まれます。赤や濃いピンク色の胡蝶蘭を選ぶのも良いでしょう。緑寿(66歳)には緑色、古希(70歳)には紫色、傘寿(80歳)には黄色など選択するのも良いでしょう。

 

親しい方にはメッセージカードなどを添えるのがおすすめです。メッセージカードは否定的な表現や「枯れる」「折れる」「曲がる」なども忌み言葉は避けます。

 

 

胡蝶蘭を長寿祝いで贈る際のマナー2、法人関係

木札

 

ビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る際には、木札をつけるのが一般的です。木札は贈り主の名前を書くもので、誰が贈ったのか一目で分かります。

 

名前の他、会社名や部署名をつけることもあります。また木札には名前の他に「お祝いの文言」をつけることが多いです。

 

 

長寿祝いに贈る胡蝶蘭の選び方

長寿のお祝いに贈る胡蝶蘭はどこで買うのが良い?

 

長寿祝いで胡蝶蘭がおすすめな理由や、値段の相場、贈り方のマナーなどについてお伝えしてきました。

 

実際にどなたかの長寿祝いを考えている方もいらっしゃると思いますので、長寿祝いの胡蝶蘭を注文する際の選び方、「高品質・低価格・サービスの充実」に於いて定評のあるショップについてもご紹介します。

 

 

長寿祝いに贈る胡蝶蘭は生花店よりもネット通販がお得で便利

 

まず、生花店やお花屋さんといった小売店舗型のフラワーショップで注文するよりも、ネット通販のほうが低価格ですし、商品ラインナップが豊富な傾向にあります。

 

口コミでも評判の良いネットショップの多くは、仲買や卸売市場を経由せず、複数の生産農家と直接契約しているため、品質に影響を出さずにコストカットが出来ること、多種多様な商品ニーズに対応できます。

 

 

生花店よりネット通販ショップがおすすめな理由

 

生産農家との直接契約を採用しているショップでは、産地から直送したり、注文があってから農家へ買い付けに行くスタイルになるため、一般的な流通経路を辿った胡蝶蘭よりも新鮮な状態で消費者の元へ届けられます。

 

さらに、品評会などの受賞歴がある生産農家は高品質な胡蝶蘭や、品種改良したオリジナル胡蝶蘭など、一般的に出回りにくいものも簡単に注文できるところも強みとなっています。

 

 

最後に|長寿祝いにおすすめな胡蝶蘭のネット通販専門店

胡蝶蘭の通販でおすすめなショップ

 

ただ、通販という性質上、商品画像とは似ても似つかないようなショボい胡蝶蘭が届いたり、届いた時には花が萎れていたりすることに、責任を持たない通販ショップがあるようで、実際にそういった口コミが割合多く存在します。

 

そこで、口コミでも評判が良いこと、有力な生産農家と直接契約していること、実物写真の送信や、立札・メッセージカード・ラッピングなどの無料サービスが充実していることなどを条件に、おすすめ出来るショップをまとめてみました。

 

公表されているショップの取り組みなども一応確認していますので、かなり優良なお店ばかりだと思います。

 

贈るシーンや価格別で探しやすくなっていますし、長寿祝いで贈る際の注意点なども注文過程でちゃんとサポートしてくれる仕組みが出来上がっています。

 

こちらからご覧になれます

▽ ▽ ▽

胡蝶蘭のネット通販【おすすめショップ人気ランキング】