胡蝶蘭が選挙の当選祝いにおすすめな理由|値段の相場や贈り方

胡蝶蘭が選挙の当選祝いにおすすめな理由|値段の相場や贈り方

胡蝶蘭が選挙の当選祝いにおすすめな理由

 

衆議院選挙や参議院選挙、地方選挙などの当選者のテレビ中継を見ていると、綺麗な胡蝶蘭の花が映っていることがありますね。

 

胡蝶蘭は、開業・開店祝いだけでなく、選挙の当選祝いでも選ばれることが多いお花です。

 

このページでは、当選祝いに胡蝶蘭が喜ばれるとされている理由や、値段の相場、贈る際のマナーについて分かりやすく解説します。

 

また、当選祝い用の胡蝶蘭を選ぶ際に、安心して注文を任せられるお店についてもご紹介しているので、何かしらのお役に立てれば幸いです。

 

※全部読むのが面倒な場合は、目次を開くと知りたい項目へジャンプ出来ます。

胡蝶蘭が選挙の当選祝いに喜ばれる理由は?

胡蝶蘭が選挙の当選祝いに喜ばれる理由

 

当選祝いとは、個人から候補者の政治活動に関する寄付とみなされます。これは公職選挙法や政治資金規正法などに定められています。金額は年間150万円以内と定められており、金銭や有価証券など贈れません。

 

ただし花は品目に該当しないため、そのため当選祝いに胡蝶蘭が多く用いられるのです。

 

縁起が良い

縁起が良い

 

また、胡蝶蘭は縁起が良いことからも当選祝いとして喜ばれる理由の一つです。胡蝶蘭の上品な佇まいは「清廉潔白さ」を連想させます。

 

また胡蝶蘭は数ヶ月と長期間花を咲かせます。このことから「息の長さ」を連想させ、政治活動をする方にぴったりの花といえます。

 

また胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」という良い意味を持っていることも人気の一つです。さらに鉢植えは、「根付く=その土地に根付いて仕事をする」という意味もあり、議員にとっては何重にも縁起が良いといえます。

 

※胡蝶蘭の花言葉についてもうもっと調べたい場合は、
「胡蝶蘭の花言葉|色彩ごとに変わる胡蝶蘭の花言葉|意味や由来」のページに詳しくまとめていますので、そちらをご覧ください。

 

 

お手入れが簡単

胡蝶蘭は手間いらず

 

胡蝶蘭は花粉が少なく、花が長期間もつのが特長です。またお手入れも簡単なことから、事務所に飾る場合でも負担が少なくてすみます。

 

※お手入れ方法については「胡蝶蘭はどのくらい日持ちする?@適切なお手入れ方法」のページで詳しく解説しています。

 

※また、胡蝶蘭は花が散っあとも、もう一度花を咲かせることができるので、
こちらの「胡蝶蘭を二度咲きさせるのは難しい?知れば簡単な手順」も合わせてご覧ください。

 

 

選挙の当選祝いで贈る胡蝶蘭の値段相場は?

選挙の当選祝いで贈る胡蝶蘭の値段相場

 

選挙の当選祝いとして贈る場合の相場は2〜5万円ほどです。花の大きさは一番大きい、「大輪」、色は白か紅白、本数は3本か5本立てが定番です。

 

他の支援者からも贈られることが多いため、ボリュームがあり華やかなものが好まれます。花の大きさや本数によってイメージがかなり異なりますので気をつけましょう。

 

※値段の相場についてもう少し詳しく知りたい場合は、
胡蝶蘭の値段や相場@本数別・シーン別」に分かりやすくまとめていますので、そちらもご参考になさってください。

 

 

選挙の当選祝いで胡蝶蘭を贈る際に注意すべきマナーとは?

選挙の当選祝いに胡蝶蘭を贈る際の贈り方やマナー

立札も一緒に贈る

立札

 

当選祝いでは、胡蝶蘭と一緒に名前を書いた立札をつけるのが一般的です。当選祝いにはたくさんの胡蝶蘭が届くので、誰が贈ったか分かるようにしましょう。

 

注意点として、政治家個人には法人から寄付はできませんので、社名は書かないようにします。必ず個人名で贈るようにしましょう。

 

立札には「紙札」と「木札」がありますが、当選祝いには格式高い印象を持つ木目調の立札が一般的です。

 

表には赤字で「祝当選」「当選祝い」などを書き、黒字で贈り主の氏名と、候補氏名を書きます。

 

 

ラッピングの色に気をつける

胡蝶蘭のラッピング

 

お祝いの贈り物としてラッピングをしてもらう時には、色に気をつけましょう。政治家はクリーンなイメージが大切です。そのため黄色や金色など、金銭をイメージさせる色は向いていません。

 

温かみのある赤系や、誠実さを連想させる青系のラッピングがおすすめです。

 

贈るタイミングに気をつける

胡蝶蘭を贈るタイミング
胡蝶蘭は当選が決まったあとよりも、投開票が行われる日に向けて準備されるのがおすすめです。選挙直後は胡蝶蘭が品薄になることも多く、目当てのものがすぐに手に入るとは限らないからです。

 

また開票結果と同時に渡すことで「当選は確実だと思っていた」と相手側にアピールできます。遅くても、当選1週間以内には渡しましょう。

 

贈り先に気をつける

胡蝶蘭の贈り先

 

選挙事務所は選挙が終わるとすぐに撤去されてしまいます。そのため本拠地の事務所に贈るのが無難です。悩んだ場合は、一度事務所の方に確認しましょう。

 

 

当選祝いの胡蝶蘭はどこで注文する?

当選祝いの胡蝶蘭の注文

 

選挙の当選祝いに胡蝶蘭がおすすめな理由、値段の相場や贈る際に注意するマナーについてはお伝えしてきた通りです。

 

ここまで読み進めてきた方のなかには、実際に胡蝶蘭を贈る機会がある人もいらっしゃるでしょう。

 

通常であれば、胡蝶蘭は近くの花屋さんで注文するところなのかもしれませんが、実は実店舗で販売されている胡蝶蘭よりも、ほぼ確実に高品質で低価格な胡蝶蘭を買うことが出来ます。

 

一般的に、花屋さんに並ぶ胡蝶蘭は、「生産農家⇒仲買⇒卸売り市場⇒花屋」といった流通経路を辿るのが普通で、手数料や運送費が上乗せされます。

 

また、この流通経路を辿るにあたっては、痛みの可能性や、新鮮さを失う要因ともなり得ます。仕方のないことですが。

 

しかし、昨今のスマホなど携帯端末の普及や通信技術の発達により、ネット経由の物流が年々急速に市場規模を拡大させてきています。

 

胡蝶蘭の通販もご多聞に漏れず、数多くのネットショップが胡蝶蘭を取り扱うようになりました。

 

少し回りくどくなりましたが、この胡蝶蘭をネット販売するショップのなかに、複数の有力な生産農家と、直接契約するお店が増えてきたんです。

 

どういうことかというと、直接契約しているお店は「生産農家⇒仲買⇒卸売り市場⇒花屋」といった流通経路を辿らないため、余計なコストを省くことが出来るので、同じ胡蝶蘭であっても安く提供することが出来ます。

 

また、注文を受けたら、生産農家から直接発送したり、直接買い付けて発送することになるので、花屋さんよりも確実に新鮮なものが届けられるわけです。

 

さらに、胡蝶蘭を栽培している複数の農園全体が販売の対象になるとしたら、実店舗とは比較にならないほど様々なニーズに合わせた胡蝶蘭の組合せラインナップがあることになります。

 

要するに、生産農家と直接契約しているネットショップは、格安で新鮮な胡蝶蘭を、膨大な品揃えの中から選ぶことが出来るってことです。

 

ただ、ショップによってはあまりよろしくない品質もものを販売していたり、直接契約ではなく在庫管理がずさんで萎れた胡蝶蘭を送ってくるなどのトラブルもあるようなので、信頼出来そうなお店だけをまとめたページを設けました。

 

 

胡蝶蘭 通販

 

 

 

口コミでの評判も良く、有名な複数の生産者と直接契約している胡蝶蘭の通販ばかりです。実際に贈る発送前の写真を送ってくれたり、立札・メッセージカード・ラッピングなどに関しても、贈るシーンに合わせて無料で選ぶことが出来ます。

 

こちらです⇒ 胡蝶蘭の通販おすすめランキング