胡蝶蘭がお祝いの花ギフトとして選ばれ続ける理由とは?

胡蝶蘭がお祝いの花ギフトとして選ばれ続ける理由とは?

胡蝶蘭がお祝いの花ギフトとして選ばれ続ける理由

 

お祝いの場面のフラワーギフトとして不動の人気を誇る胡蝶蘭ですが、長い間多くの人々に愛され続ける理由を詳しく解説しています。ビジネスシーンにおいても、友人や家族、大切な人に贈る花ギフトとしても、様々なシーンで胡蝶蘭が選ばれている理由は何なんでしょう。

 

目次を開くと知りたい項目から読めます。

胡蝶蘭がお祝いのシーンに選ばれる理由とは?

胡蝶蘭がお祝いのシーンに選ばれる理由

 

お祝いでお花を贈るなら「胡蝶蘭」というイメージが、一般的に深く浸透していますが、その理由を分かりやすく5つに分けてご紹介します。

 

 

1、見た目の華やかさ

見た目の華やかさ

 

胡蝶蘭という名前の由来は、蝶が待っているような優雅で美しい様子から来ています。そして、一目でわかる美しさには特徴的で印象に残る豪華さが選ばれ続ける理由の一つです。

 

 

2、込められた花言葉

胡蝶蘭に込められた花言葉

 

胡蝶蘭には全品種共通の花言葉があります。その花言葉は「幸せを運んでくる」「純粋な愛」で、お祝いの場に贈るフラワーギフトに相応しいものです。

 

贈り先の幸せや発展を願う意味が込められますので、ビジネスシーンでも個人的なお祝いにも、胡蝶蘭はピッタリなんです。

 

胡蝶蘭の花言葉については詳細をまとめたページをご用意していますので、こちらも併せてご覧になってみて下さい。

 

色彩ごとに変わる胡蝶蘭の花言葉@意味や由来を知って心を込める

 

 

3、日持ちが長い

胡蝶蘭の日持ち

 

通常の花のフラワーギフトであれば、数日から数週間で花が枯れてしまいます。しかし、胡蝶蘭は置かれた場所の環境にもよりますが、1ヶ月から2カ月程度といった長期間日持ちするため、贈られてきた時だけでなく、長い間想いを感じることが出来るといった点も選ばれる理由になっています。

 

日持ちする期間やお手入れ方法にについて⇒ 胡蝶蘭はどのくらい日持ちする?@適切なお手入れ方法

 

4、ニオイや花粉が少ない花であること

胡蝶蘭はニオイや花粉が少ない

 

胡蝶蘭は、香りも少なく花粉も殆どでないため置かれる環境や場所を選びません。香りが気になって生のお花を飾りづらい場所でも気兼ねなく置くことが出来るので、贈られる相手も面倒なことがないため、安心して贈ることが出来ます。

 

 

5、温室栽培が定着し、安定した品質と供給が可能なため

温室栽培が定着し、安定した品質と供給が可能

 

寒さに弱い胡蝶蘭ですが、温室での栽培方法が定着し、今では日本全国で安定した生産が可能となっています。

 

このため、1年を通して高品質な胡蝶蘭の流通があり、季節を選ばず手に入れることが出来るというのも胡蝶蘭がお祝いのフラワーギフトに選ばれる理由です。

 

 

お祝いに胡蝶蘭を贈る際注意する点は?

お祝いに胡蝶蘭を贈る際注意する点

 

お祝いで胡蝶蘭を贈る際には、最低限、常識的なマナーに配慮する必要があります。せっかくのフラワーギフトも、ちょっとしたマナー違反で台無しになってしまっては残念過ぎますからね。

 

ここでは、お祝いに胡蝶蘭を贈る際に注意しておくべき一般的なマナーについてご紹介していきます。

 

宛名やシーン名を間違えない

 

基本中の基本ですが、宛名やお祝いのシーン名を絶対に間違えないようにしましょう。特に、ビジネスシーンでは宛名などの間違いはかなり失礼にあたりますので、それで取引が終わったなんて事例もあります。

 

 

胡蝶蘭を置けるスペースの確認

 

大倫の胡蝶蘭は見た目も豪華で綺麗ですが、花が大きく場所をとるため、贈った相手が置き場所に困ってしまう場合があります。相手方の置くスペースのことを考え、出来る限り事前に確認することが大切です。

 

 

忌み言葉に注意する

 

【一般的な忌み言葉】
滅びる/苦しい/ 壊れる/とんだこと/とんでもない/去る/ 帰る/帰す/返る/返す/ 飽きる/終わる/切る/切れる/ 破れる/破る/別れる/離れる/出る/出す/戻る/流れる/散る/悲しむ/無/しめやかに/嫌う/薄い/疎んじる/あせる/なおまた/ではまた/重ね重ね/皆々様/くれぐれ/度々/繰り返し/冷える/浅い/再び/病む/敗れる/重ねる/死ぬ/憂い/うれい/痛ましい、等々。

 

 

赤系胡蝶蘭やラッピングは避ける

 

赤色は「火」「火事」を連想させるため、一般的にもお祝いには向きません。ただ、赤系(ピンク)の胡蝶蘭には「あなたを愛します」という花言葉があるため、告白やプロポーズといったシーンでは喜ばれます。

 

 

シーンによって贈るタイミングが違う

 

◆開店・開業祝い⇒ オープン日の前日または、当日早めに。

 

◆選挙の当選祝い⇒ 当選が確実になってから。

 

※選挙事務所は直ぐにクローズするので、                     
後日以降になる場合は確認のうえ、本部 などに贈るようにします。

 

◆新築・引越し祝い⇒ 当日または引越しが終わって1週間程度。

 

◆就任祝い⇒ 式典当日または就任日当日。

 

◆結婚祝い⇒ 挙式当日か新居であれば新婚旅行などから帰宅する日以降。

 

※式場に贈る場合は、事前に施設へ贈る旨を連絡し、
置くスペースの確認なども行っておきましょう。

 

◆記念日や誕生日⇒ 当日。

 

 

必ず立札を付ける

 

多くの場合、たくさんの花が飾られることになるので、どこから贈られてきたかを明確にする立札を付けるのがマナーです。
特に、仕事上のお付き合いで胡蝶蘭を贈る場合は重要なアピールの場にもなりますので、希少種の青い胡蝶蘭を選んで立札を付けるといった目立つ工夫をするのも良いでしょう。

 

 

茎の本数は奇数が無難

 

偶数は「別れる」「割れる」といった意味合いで好ましくないとされています。3本立や5本立、ラッキー7の7本立をチョイスしたほうが良いでしょう。特に、4本立は「別れる」割れる」といった意味合いとは別に、「死」という非常に不吉な読み取り方が出来るので、絶対に避けたほうが良いです。

 

 

胡蝶蘭を贈りたいと思っている方へ

胡蝶蘭を贈りたいと思っている方へ

 

明治時代に日本に持ち込まれた当時の胡蝶蘭は、寒さに弱いため栽培が難しく、裕福な層の間でしか流通しない高級な花として一般的には希少なものでした。温室栽培が確立され、通年で一般に流通する現代でも、胡蝶蘭の高級なイメージは変わりませんが、蝶が舞い降りたような優美な豪華さや、込められた素敵な花言葉などから多くのシーンでお祝いの贈り物として親しまれています。

 

最近では、ネット通販でのフラワーギフトも身近になり、胡蝶蘭通販ショップのサービスもかなりの充実ぶりです。農林水産省やブルーリボン賞といった胡蝶蘭の品評会で受賞した生産農家さんと提携し、最高品質の胡蝶蘭をオンライン上で贈ることが可能になりましたし、ラッピングや当日・翌日配達にも対応できるようになっています。

 

とはいえ、通販という特性上、贈る胡蝶蘭を実際に見ることが出来なかったりして、粗悪なものを贈ってしまうような事態は避けたいものですね。そこで、信用できる胡蝶蘭の通販ショップについて、実績のあるおすすめの人気店についてだけランキング形式でまとめてみました。

 

胡蝶蘭の通販総合ランキング

▼ ▼ ▼

 

また、胡蝶蘭の相場について調べたい方には、シーン別でわかりやすく値段の相場をまとめています。

 

コチラ⇒ 胡蝶蘭の値段や相場@本数別・シーン別