胡蝶蘭が母の日に素敵な理由|贈る時のマナーや値段の相場

胡蝶蘭が母の日に素敵な理由|贈る時のマナーや値段の相場

胡蝶蘭が母の日ギフトにも素敵な理由と贈る際の注意点

 

母の日に送るフラワーギフトの定番と言えばカーネーションですが、母の日ギフトで蝶蘭をプレゼントする方も増えています。

 

このページでは、多くの方がチョイスするカーネーションではなく、日頃の感謝を込めて豪華な胡蝶蘭を選びたいと思った人向けに、胡蝶蘭が母の日に選ばれる理由や、贈る際の注意点などを分かりやすく解説していきます。

 

また、母のギフトの胡蝶蘭の値段相場や、安心して注文できるネット通販についてもご紹介しますので、何かしらのお役に立れば幸いです。

 

目次を開くと知りたい項目へジャンプ出来ます。

母の日の由来って?

母の日の由来って?

 

母の日の始まりは、100年くらい前にアンナ・ジャービスという女性が無くなったお母さんの追悼式で、白いカーネーションを捧げたことをきっかけに、アンナが住んでいたウェストヴァージニア州知事が、5月の第2土曜日を「母の日」と決めたのがきっかけだそうです。

 

※アンナ・ジャービス=敬虔なクリスチャンで社会活動家

 

また、母の日のプレゼントで赤いカーネーションを送る方が多いのは、「母への愛」「母の愛」「真実の愛」「純粋な愛」という花言葉が込められており、日頃の感謝や愛情を表現するのにピッタリだからです。

 

 

胡蝶蘭が母の日ギフトに素敵なの理由は花言葉にあり!

母の日ギフトにピッタリな胡蝶蘭の花言葉

 

カーネーションに素敵な花言葉があるように、胡蝶蘭も素敵な花言葉を持っています。胡蝶蘭全てに共通するのは、「幸福を運んでくる」と「純粋な愛」です。

 

また、胡蝶蘭は色彩別にそれぞれ個別の花言葉を持っていることでも知られ、お祝いやプレゼントだけでなく、お悔やみのシーンでも利用されています。

 

母の日に適しているのは、赤系ピンク色の胡蝶蘭が持つ「あなたを愛しています」という花言葉で、母の日のフラワーギフトとして利用される場合はピンク色の胡蝶蘭が多いそうです。

 

ただ、母の日に贈る胡蝶蘭がピンク色でなければいけないということはありません。贈る方の感性やお母さんの好みなど、相手のことを考えながら選べば何も問題はありません

 

花言葉を参考にしたい場合は、色別に詳しくまとめたページを用意したので、そちらを参考にしていただければと思います。

 

こちら⇒「胡蝶蘭の花言葉 色別

 

 

母の日に胡蝶蘭を贈る時の注意点は?

母の日に胡蝶蘭を贈る時の注意点

 

胡蝶蘭は、他の花や植物と比べると、日頃のお手入れや育て方が難しいイメージがあるようですが、ポイントさえ外さなければそんな事もありません。

 

ここでは、母の日に胡蝶蘭を贈る時の注意点と共に、贈った後のお手入れ方法についてもご紹介します

 

 

胡蝶蘭|母の日に贈る場合の色選びは?

胡蝶蘭|母の日に贈る場合の色選び

 

胡蝶蘭には、ピンク・白・黄色・紫、なかには青といった希少な色彩のものもあります上記の項で前述しましたが、やはり、母の日に適したいるのはピンク色の胡蝶蘭で、「あなたを愛しています」という花言葉だけでなく、安らぎ・リラックス・幸福感といったカラーイメージがあるからです。

 

また、白い胡蝶蘭も定番で、全ての光を反射してくれる色であり、光の当たり具合で様々な色彩を醸し出してくれます。花言葉は「清純」で、どうしようか迷った場合には無難ながらもシンプルな良さが光る胡蝶蘭です。

 

もちろんこれも、ピンク色や白でなければならないということは無く、心のこもったプレゼントであれば何も問題ありません。

 

 

胡蝶蘭|母の日に贈る場合のサイズ選びは?

胡蝶蘭|母の日に贈る場合のサイズ

 

胡蝶蘭のサイズには4種類があり、それぞれ、「大倫」「中大輪」「ミディ」「小輪(ミニ)」となっています。

 

開店祝いや結婚式などで見かける胡蝶蘭は、「大倫」「中大倫」といったサイズが多いと思いますが、存在感も大きく、豪華で華やかな印象を受けますね。

 

しかし、母の日に贈る場合、大倫で1m程度の大きさがあるので、一般的なご家庭だと置き場所に困ってしまいますよね。母の日のフラワーギフトとして胡蝶蘭を贈るなら、やはり、「ミディ」か「小輪(ミニ)」サイズの物が良いでしょう。ミディでも50cm程度ですし、ミニなら40pくらいです。

 

花の大きさも変わりますので、横幅も違ってきますし、置き場所にも困りにくいので、サイズ感も大切です。ミディやミニの胡蝶蘭なら、玄関・リビング・和室など、インテリアとしても綺麗ですし、胡蝶蘭自体は香りも少ないので寝室に置くのも良いかもしれません。

 

ちなみに、20センチ程度のマイクロサイズの胡蝶蘭も人気だそうです。

 

ミディサイズの胡蝶蘭が充実しているネット通販

 

まず、HitoHana(ひとはな)です。豪華な大倫胡蝶蘭の品質もさることながら、3,000円台から注文できるミディサイズの充実ぶりは、予算が限られている学生さんなどでも安心です。

 

そして、同じくミディサイズが充実している HANAMARO、4,000円台からの注文することが出来て、知識が無くても安心して注文できるよう配慮されたインターフェースは、非常に分かりやすく、スタッフ対応の良さは法人関係者の間でもかなりの高評価を得ています。

 

あと、胡蝶蘭専門店の中では評価の高い幸福の胡蝶蘭屋さんや、ミディサイズはありませんが1万円(税込)ジャストから注文できる超お得で高品質な大倫胡蝶蘭が大人気のグリーンジャングルもおすすめです。

 

もう少しおすすめ店を比較したい場合はこちらのランキングも参考になると思います。

▽ ▽ ▽

 

 

母の日ギフトで贈る胡蝶蘭の相場は?

 

母の日ギフトとして胡蝶蘭を贈る場合は、大体5,000円〜30,000円程度が一般的な相場だと言われていますが、お母さんへの贈り物なので、値段に縛られる必要はありません。

 

義理の母などの場合は、ある程度気を使わないとダメなケースもあるかとは思いますが、数千円でも充分素敵なミディサイズが販売されていますので充分喜んでもらえると思います。

 

胡蝶蘭の相場についてもっと詳しく知りたい場合は、胡蝶蘭の値段や相場 本数別・シーン別のページにまとめてますので、ご覧になってみて下さい。

 

母親からすると値段なんて関係ないって話

お母さんの気持ち

 

完全に蛇足なんですが、私的な母の日の思い出がありまして(笑)

 

ある日娘がビチョ濡れで帰宅しまして、肘も擦りむいたみたいでエライ状態でした。それでもニタニタ笑いながら後ろ手に隠していた小さな花束を「はい、ママ、ママに日のプレゼント!」って渡されました。

 

雑草交じりのそこらへんで千切ったものでしたが、その花を摘む時に、とても綺麗とは言えない小川に沈没したとのことでした。いやあ、不覚にも涙が浮かんできて娘が嫌がるほど抱き上げてギュッとしたもんです。

 

まあ、何が言いたいかというと、義母であれ実母であれ、贈られるほうからすると、気持ちが伝わるものであれば、値段の高い安いなんて関係ないってことです。

 

子供からプレゼントされて、嬉しくないなんて、マジでそんなにありませんから。

 

一応、値段の相場をご紹介しましたけど、予算に余裕が無ければ最安値でも何でも、きっと喜んでもらえますよ。もちろん、豪華な胡蝶蘭も良いですけど(笑)

 

 

母の日に胡蝶蘭を贈る場合はお手入れ方法も教えてあげる

母の日に胡蝶蘭を贈る場合はお手入れ方法も

 

胡蝶蘭は頻繁に水やりをしなくても枯れないですし、日持ちするため楽しめる期間が長いのも特徴です。

 

しかし、全くお手入れをしなくて良いかというと、もちえろんそんなことは無くて、いくつかのポイントを押さえてお手入れしてあげないといけません。

 

1、直射日光は避ける

太陽の光が直接当たらないように、カーテン越しの光にします。夏は日差しが強いので特に注意する。

 

2、温度管理に気を配る

胡蝶蘭は寒さに弱いので、胡蝶蘭を置いておく部屋の温度には注意しましょう。人間が快適な温度であれば問題ないそうですが、15℃〜20くらいが目安です。

 

3、直風は避ける

胡蝶蘭に直接風が当たるのを避けましょう。エアコンの吹き出し口などには置かないようにしないといけません。

 

4、水はやり過ぎない

胡蝶蘭は、毎日水をあげる必要がありません。だいたい1週間〜10日に一度くらいが目安とされていて、鉢が乾いてきたら水やりする程度で構いません。逆にあげ過ぎると根腐れを起こしてしまいます。

 

 

母の日に胡蝶蘭をプレゼントする場合、以上のお手入れ方法も一緒に添えてあげると、より長く花を楽しむことが出来るので、より良いのではないでしょうか。

 

また、胡蝶蘭は花が散ったら終わりというわけではなく、根が生きている限り何度も花を咲かせてくれるんです。

 

胡蝶蘭のお手入れ方法について、もっと詳しく調べたい場合は、詳細をまとめたページがあるのでそちらも併せてご覧になってみて下さい。

 

こちら⇒ 胡蝶蘭 日持ち

 

 

母の日に胡蝶蘭を贈る時は通販がおすすめ

母の日に胡蝶蘭を贈る時は通販がおすすめ

 

母の日に胡蝶蘭を贈る際におすすめなのが、インターネットから簡単に注文できる通販ショップです。

 

近くのお花屋さんで直接買って手渡すのも悪くないですが、サプライズで届けられる胡蝶蘭に、喜びがこみ上げてきたという声も少なくありません。

 

また、お母さんと離れて暮らしている方にもおすすめです。ネット通販と聞くと、実物を確認できないので怖いとか、輸送中に花が落ちてしまう可能性が高いんじゃないかと不安な方も多いでしょう。

 

しかし、最近の胡蝶蘭通販は、プロの生産農家が丁寧に梱包した新鮮な胡蝶蘭を産地直送で届けてくれたり、贈る胡蝶蘭の実物写真を事前に送信してくれるサービスも整っています。

 

さらに、産地直送の胡蝶蘭なので、「生産農家⇒ 卸市場⇒ 花屋⇒ お客さん」という流通ルートを経由しないから、価格もかなりお得になります。

 

母の日ギフトにもおすすめな、胡蝶蘭の通販ショップだけをまとめたページがあるので、是非ご覧になって行ってください。

 

 

胡蝶蘭の通販 人気おすすめ店ランキング

▼ ▼ ▼